メインメニューを開く

桂 三語(かつら さんご、1985年5月21日 - )は、上方落語協会に所属する日本落語家上方噺家)。本名は関岡洋志[1]。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー[1]

桂三語かつら さんご
本名 関岡洋志
生年月日 (1985-05-21) 1985年5月21日(34歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県三田市
師匠 6代桂文枝
活動期間 2009年 -
配偶者
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
受賞歴
第24回新進落語家競演会新人賞(2019年)

目次

来歴編集

兵庫県三田市出身[1]大阪産業大学経済学部を卒業後、2009年12月に6代桂文枝に入門する[1]

2016年には江戸落語の柳亭小痴楽と組んだ二人会「さる・ごりら~落語会~」を大阪と東京で開催した[2][3]

2019年1月、今回が最後となる第24回新進落語家競演会の新人賞を受賞した[4]

人物編集

若い世代に落語を聴いてほしいという思いを持ち、高座では「今から話すのは、現代に置き換えるとこういうことですよ」という内容を噺の冒頭で伝えると述べている[2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集