メインメニューを開く

桂枝湯(けいしとう)は、漢方薬の一種。出典は傷寒論金匱要略

適応症編集

組成編集

桂枝(去皮)[1]芍薬大棗生姜甘草

葛根湯から、葛根麻黄を除いた基本方剤である。

副作用編集

次の副作用がある[2]

  • 重大な副作用 - 偽アルドステロン症、ミオパシー
  • その他 - 発疹発赤掻痒

注意事項編集

高齢者は生理機能が低下し、妊産婦、小児は安全性が未確立であり、注意が必要である[2]

次の薬剤との併用により、偽アルドステロン症ミオパシーが出現しやすくなる[2]

  1. 甘草含有製剤
  2. グリチルリチン酸及びその塩類を含有する製剤

関連する方剤編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 解肌発表の桂枝を使う。日本漢方では温補腎陽に優れる肉桂(桂皮)を用いることが多いが、誤りではない。李時珍本草綱目』の(1578?)の『桂』の項に「一名肉桂。又の名桂枝」とある。註に「桂皮が丸まって指状のものを桂枝と言う」とあるので、現在中国で売られる得体の知れない「桂枝」の方が誤り。『宋版傷寒論』の方一の原注に「服し終えてすぐ熱い薄カユ一升あまりをすすって薬力を助けよ」とある。この薬の発汗作用は弱いがカユをすすればテキメン。
  2. ^ a b c ツムラ製品情報『ツムラ桂枝湯』
  3. ^ 桂枝湯の芍薬を倍量にした処方。

関連項目編集