桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、古方派漢方薬の処方の一つ。主に女性に用いられる漢方薬である。

目次

概要編集

当帰芍薬散桃核承気湯とともに、瘀血と呼ばれる血の滞りをとる処方(駆瘀血剤)の一つである。

構成生薬編集

等量の桂枝[1]茯苓牡丹皮桃仁芍薬をはちみつで小さな団子状に丸めて調合する。

食前に一丸を飲む。効かないときは3丸まで増やしてよい。

効能編集

鬱血血行障害による症状に用いられ、当帰芍薬散よりは実証の人に用いる。みぞおちのあたりの動悸や、下腹部の硬結・圧痛などを目標にし、月経不順、不妊症などに用いる。かつては狭心症などにも用いた。

慎重投与編集

次の患者には慎重に投与する[2]

  1. 著しく体力の萎えている患者

副作用編集

次の副作用がある[2]

重大な副作用編集

肝機能障害、黄疸

その他編集

発疹発赤そう痒、食欲不振、胃部不快感、悪心下痢

注意事項編集

次の注意が必要である[2]

  1. 桃仁、牡丹皮による流早産の危険性があるため、妊産婦には投与を控える。
  2. 高齢者は生理機能の低下、小児は安全性未確立のため注意。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本のエキス剤では実際には桂皮を使っているものが多い。
  2. ^ a b c ツムラ製品情報『ツムラ桂枝茯苓丸』

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集