桂 次郎坊(かつら じろうぼう、生没年不詳明治中期から昭和初期)は、上方噺家軽口師。本名: 不詳。

かつら 次郎坊じろうぼう
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 3代目桂文三
活動内容 上方落語
軽口
所属 桂派

最初は落語家だったというが詳細不明。明治末期に3代目桂文三の門に入り次郎坊を名乗った。

桂派に属し桂太郎坊と組んで軽口を演じ人気者になった。大正に入り失明したが相方を桂右郎坊(後の桂花咲)に変えた。踊りも得意であった。大正の末期にはラジオに出たり、SPレコードの吹込みなどを行なっている。「伊勢土産」が残されている。

その後消息は不明、享年なども判っていない。

3代目林家染丸は子供の頃に一時期弟子で駒坊の名前を貰っている。

出典編集

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西噺家紳士録』