桂 歌團治(かつら うただんじ)は、上方落語名跡。現在は空き名跡となっている。

初代編集

初代 桂歌團治(? - 1919年頃?)は、本名、享年とも未詳。

初め初代桂文團治の門下。兄弟子の初代桂米團治(後の7代目桂文治)と2代目文團治の襲名を争って敗れたため、3代目笑福亭松鶴門下に移り、5代目笑福亭吾竹を名乗る。後に笑福亭吉右衛門と改名。

2代目編集

2代目 桂歌團治生没年不詳)は、本名、享年とも未詳。

3代目桂米團治の門下。何らかの理由で師の勘気を蒙り、破門されたらしい。

出典編集

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)