メインメニューを開く

桑名 鉄城(くわな てつじょう、元治元年(1864年) – 昭和13年(1938年))は、近代日本の篆刻家である。

は箕、は星精、は鉄城・大雄山民。富山の人。

略伝編集

幼時のころ郷儒小西有義に素読とを習い、のち遠江山岡鉄舟剣術を学んだ。 さらに金沢へ行って北方心泉に篆法金石学を授けられた。いったん京都に出たが、明治30年頃に渡華して趙之謙徐三庚呉昌碩の刻法を身につけて帰国。円山大迂とともに京における新作風の大家と称された。印譜に『九華室印存』・『天香閣印存』がある。

巌谷一六江馬天江永坂石埭田能村直入富岡鉄斎文人と交遊した。

参考文献編集

関連項目編集