桑嶋 忠直(くわしま ただなお)は、江戸時代御家人

 
桑嶋忠直
時代 江戸時代
生誕 元和3年(1617年)?[1]
死没 元禄13年8月13日1700年9月25日
別名 新五右衛門、新左衛門
戒名 宗貞
墓所 浅草東國寺
氏族 岡本氏
父母 父:岡本忠清      
兄弟 桑嶋忠季忠直
忠久
テンプレートを表示

略歴編集

岡本忠清の次男として生まれる。

父は浪人であったが、自らは神田の館において徳川綱吉馬医として仕える。

延宝8年(1680年)、綱吉が江戸幕府5代将軍となり江戸城に移ると、忠直もそれに従い江戸城の御馬方を兼ねた馬医になり禄米百俵を賜って御家人に列せられる。天和元年(1681年3月28日には、綱吉の御馬を預けられ、同年6月1日には馬具を賜っている。天和2年(1682年12月23日には、禄米が百俵追加され二百俵扶持となっている。

元禄2年(1689年7月5日に子の忠政に家督を譲り、元禄13年(1700年8月13日に没する。享年84[1]。墓所は浅草の東國寺。以降、忠直の子孫の菩提寺となる。

脚注編集

  1. ^ a b 寛永諸家系図伝の岡本氏系譜によれば享年84と記されているが、これに基づいて生年を逆算すると、忠直は祖父である岡本保忠が32歳の時に生まれた事になるが、この生年は、祖父保忠の兄の子、つまりは忠直の父の従兄弟に当たる岡本義政と同じであり、また祖父が32歳で同じ子から2人目の孫が出来たと考えると、その真偽に疑問も残る。

参考文献編集