梅崎 利秋(うめざき としあき、1936年9月2日 - 2018年12月31日)は、日本の実業家新京成電鉄第7代代表取締役社長。

人物編集

1936年9月2日、山口県下関市生まれ。1955年山口県立豊浦高等学校、1960年法政大学法学部政治学科卒業。

1961年京成電鉄入社。主に経理畑を歩み、同社取締役関連事業部長、常務取締役、専務取締役等を経て、2000年新京成電鉄代表取締役社長となり京成電鉄取締役を兼ねる。2006年新京成電鉄代表取締役会長、2008年相談役。2014年旭日中綬章受章[1]。2018年12月31日、肺癌のため死去、82歳[2]。叙正五位[3]

脚注編集

  1. ^ 「秋の叙勲」『読売新聞』2014年11月3日朝刊
  2. ^ 梅崎利秋氏が死去 元新京成電鉄社長 日本経済新聞 2019年1月15日
  3. ^ 『官報』7443号、2019年2月7日