棒人間(ぼうにんげん)とは、人体を極端にデフォルメし、手足をのように表現したキャラクターもしくはイラストである。

棒人間の例

通常、キャラクターの頭部は、胴体と四肢はそれぞれ直線で表現される。また、時に胴体を適当な曲線で囲った枠のように表現したり、コンピュータグラフィックスにおいては細長い楕円長方形を線の代りに使う場合もある。頭部にが円や曲線・直線で描かれることもある。

書くのが非常に簡単であるため、子供の落書きや、漫画アニメーションの習作などで書かれたり、あるいはモブキャラを表すために使われたりもする。棒人間の落書きは歴史上の至る所で見られ、石やコンクリートの壁などの硬い表面に鋭いもので引っ掻かれていることもある。映画の絵コンテのスケッチにもよく使われている。また、イラストだけではなく、実際の棒やワイヤーを使って立体作品が作られる場合もある。

規格化されたものとしてソフトウェア開発分野で用いるUMLユースケース図がある。

歴史編集

先史時代にはすでに棒人間が描かれていた。その数万年後には、エジプトのヒエログリフや中国の漢字のように、人や物を簡略化したものが言語記号として使用されるようになった。

近代に入り、ルドルフ・モントレー英語版が人体やその他の物を簡略化したアイソタイプを考案した。1964年東京オリンピックでは、勝見勝らによるピクトグラムが使用され、国際イベントでこのような絵が初めて使用された例となった[1]。1972年には、オトル・アイヒャーが、幾何学的な格子状の丸みを帯びた棒人間の図を開発し、1972年ミュンヘンオリンピックの看板や印刷物、テレビなどで使用された[2][3]。東京オリンピックやミュンヘンオリンピックなど、当時使用されていた他の多くの類似したピクトグラムに基づいて、1974年と1979年にアメリカグラフィックアート協会英語版 (AIGA) が米国運輸省(DOT)の委託を受けてDOTピクトグラムを開発した。DOTピクトグラムやそこから派生したシンボルは、今日、世界の多くの場所で広く使われている。

メディアにおいて編集

 
『踊る人形』

脚注編集

  1. ^ “Visual Design”. Official Report of the 1972 Olympic Games, volume 1. Munich: Pro Sport. (1974). pp. 272. OCLC 1076250303. https://digital.la84.org/digital/collection/p17103coll8/id/24928/rec/1 2020年6月21日閲覧。 
  2. ^ Otl Aicher pictograms and the 1972 Olympic Games”. Otl Aicher pictograms. 2020年6月21日閲覧。
  3. ^ Otl Aicher”. Architectuul. 2020年6月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集