メインメニューを開く

棟居 進(むねすえ すすむ、1932年11月2日 - )は、神奈川県出身で、1950年代に読売ジャイアンツ広島カープに在籍したプロ野球選手である。現役時代のポジションは、捕手

棟居 進
Susumu Munesue 1955 Scan10020.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1932-11-02) 1932年11月2日(86歳)
身長
体重
170 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1952年
初出場 1955年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

逗子開成高校を卒業後、1952年に読売ジャイアンツへ入団。

プロ入り4年目の1955年に公式戦初出場を果たすも、ジャイアンツではあまり出番に恵まれなかった。

1957年オフ、広島カープへ移籍。翌1958年に自己シーズン最多の30試合に出場し、プロ初打点も記録したが、在籍僅か1年ほどで引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1955 巨人 11 17 17 2 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .235 .235 .294 .559
1956 11 3 3 4 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1957 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1958 広島 30 51 48 1 12 5 0 0 17 6 2 0 2 0 1 0 0 16 2 .250 .265 .354 .619
通算:4年 53 71 68 7 16 6 0 0 22 6 3 1 2 0 1 0 0 20 2 .235 .246 .324 .570

背番号編集

  • 36 (1952年)
  • 43 (1953年 - 1956年)
  • 6 (1957年)
  • 25 (1958年)

参考文献編集

関連項目編集