メインメニューを開く

藤尾 茂(ふじお しげる、1934年10月8日 - )は、昭和中期(1950年代後半-1960年代前半)のプロ野球選手捕手外野手)。

藤尾 茂
Shigeru Fujio 1956 Scan10012.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西宮市
生年月日 (1934-10-08) 1934年10月8日(84歳)
身長
体重
179 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 1953年
初出場 1953年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

小学校時代から中田昌宏とバッテリーを組み[1]1950年鳴尾高に揃って入学。1951年春の選抜では六番打者、三塁手として出場。決勝に進出するが鳴門高に9回サヨナラ逆転負けを喫した。1年上のチームメートに山田清三郎鈴木武がいる。翌1952年春の選抜では正捕手となり準決勝に進出するが、またも鳴門高に敗れる。この大会では1試合で6度の牽制・盗塁刺を記録して高校生ベストナイン捕手に選出された[2]

1953年読売ジャイアンツに入団。2年目の1954年からベストナイン捕手であった広田順の控えとなる。1955年には51試合にマスクを被って打率.286と、広田(.222)を大きく上回る成績を残す。さらに、同年の南海との日本シリーズでは、巨人が1勝3敗と追い詰められた第5戦に広田に代わってマスクを被って3番に抜擢され、初回に先制3点本塁打を放つ活躍で巨人の日本一に大きく貢献、藤尾はそのまま捕手のレギュラーポジションに定着した。翌1956年からは6番を打って、打率.276(リーグ5位)、14本塁打、打点58を挙げ、3部門ともリーグ5位以内に入り、オールスターゲームにファン投票で選出されるとともに、ベストナインも獲得した。1957年も前半戦は好調であったが、8月の阪神戦(甲子園)で満員の観客をバックスクリーンに入場させたことから、阪神の渡辺省三シュートを避けきれずに顔面死球を受ける[3]。このアクシデントにより約1ヶ月戦列を離れた上に後遺症から調子を崩して[4]、105試合の出場に留まり、打率も.256と成績を落とした。1958年は外角球に対して逆らわずに右翼へ打て、との川上哲治の助言を受けて死球の後遺症によるスランプを脱し、打率.283(リーグ5位)、11本塁打、58打点と好成績を残す。この年も投票総数153票のうち149票の圧倒的な支持を集め3年連続のベストナインに選出された[5]

1959年のシーズン前に、川上哲治ヘッドコーチにインサイドワークを認められた森昌彦が正捕手とされ[6]、藤尾は俊足と持ち前の長打力を生かす目的もあり、引退した川上の後釜として一塁手に移った与那嶺要に替わって、守備の負担の少ない外野手コンバートされ[7]、5番打者としてクリーンナップを打った。しかしこの年も藤尾は捕手として36試合に出場し、オールスターゲームファン投票の捕手部門で1位になるとともに、ベストナイン捕手にも選ばれた。打撃を活かすためのコンバートであったが、打たなくてはならないとの意識が力みを生んで夏場にスランプに陥り[8]、打率は.264(リーグ14位)に終わったが、チーム2位の70打点を挙げた。1960年は開幕からハイペースで本塁打を打ち、5月28日には早くも10号を放ちリーグのトップを快走する[9]。しかし、6月から極端なスランプに陥り、終盤に左足首の捻挫で戦列を離れるなどもあって、5月末以降は5本しか打てず、結局打率.245、15本塁打、54打点に終わる。

1961年には川上新監督の下で主将を務め、捕手に復帰するが、この頃より急激な打撃不振に陥る。同年夏には逆転本塁打を打たれた伊藤芳明を投手コーチ別所毅彦が叱責しようとしたところを庇ったことが首脳陣批判ととられて、罰金の上に主将を剥奪される[10]などもあって89試合の出場に留まる。1962年には急激に出場機会が減少する中で、なぜ藤尾を使わないのかと調べ回っていた新聞記者に対して、ある首脳陣が(森に比べて)藤尾はインサイドワークが悪いと洩らす。そのため、マスコミに藤尾は頭が悪いとの表現で喧伝されてしまい、藤尾は精神的にも不安定になり大きく調子を崩した[11]。追い打ちをかけるように、同年6月の阪神戦(札幌市円山球場)で左翼の守備時に打球を追って右鎖骨骨折して3ヶ月間出場できず、治癒後も強肩を誇った右肩がすっかり弱ってしまった[12]1963年は春の宮崎キャンプで前年度負傷した右肩を再び痛め、6月後半にようやく一軍ベンチ入りする。出場は25試合に留まったが、同年19勝を挙げて沢村賞を獲得した伊藤芳明とよくバッテリーを組み、伊藤が挙げた勝利の約半分の9勝が藤尾がマスクをかぶった際のものであった[13]1965年には公式戦出場のないままシーズン終了後に現役を引退した。

引退後は、金融業不動産業への勤務を経て、1977年にゴルフ用品を扱う上山実業に入社[14]。また、サラリーマン生活の傍らで西宮市にあるスポーツクラブの鳴尾クラブの館長を務め、休日に小中学生に野球の指導を行っていた[15]1987年京都府の総合リゾート施設レイクフォレストリゾート理事支配人に就任したのち[16]三重県鈴鹿市ゴルフ場鈴鹿カンツリークラブ副社長を務めた。

評価編集

捕手にして俊足、長打力のある打撃、強肩、そして闘志溢れるプレーから、戦後の「巨人軍最強の捕手」「吉原二世」という評価もされている。

全盛期には、西鉄ライオンズ監督三原脩雑誌の企画で日本最強チームを選定した際、捕手には打撃で勝る野村克也を押しのけて藤尾を選んでいる。また三原は藤尾と野村を比較して、守備面と回転力では藤尾、打撃面では野村、総合力では互角と評した。[17]

選手としての特徴編集

機敏な動作、強肩かつ正確なスローイングで、バント処理に非常に優れていた[17]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1953 巨人 16 17 12 3 2 0 0 0 2 3 0 0 0 -- 5 -- 0 0 0 .167 .412 .167 .578
1954 54 122 115 10 22 4 1 3 37 15 1 2 0 2 5 -- 0 14 3 .191 .225 .322 .547
1955 60 171 154 22 44 4 2 5 67 29 3 2 0 0 16 2 1 25 1 .286 .357 .435 .792
1956 117 443 406 43 112 19 2 14 177 58 12 2 9 3 22 1 3 62 9 .276 .318 .436 .754
1957 105 389 348 45 89 19 6 8 144 30 7 3 7 3 28 1 3 52 5 .256 .317 .414 .730
1958 115 428 399 54 113 22 6 11 180 58 14 8 1 3 24 1 1 57 9 .283 .325 .451 .777
1959 115 448 402 52 106 13 4 13 166 70 9 2 6 4 36 2 0 81 8 .264 .324 .413 .737
1960 104 350 314 39 77 5 4 15 135 54 13 0 7 3 24 0 2 50 7 .245 .303 .430 .733
1961 89 190 161 15 30 2 1 3 43 19 3 5 2 2 25 3 0 30 2 .186 .296 .267 .563
1962 35 58 55 3 9 0 0 1 12 3 3 0 0 0 2 0 1 8 1 .164 .207 .218 .425
1963 25 49 47 4 13 1 0 0 14 3 0 0 0 0 2 0 0 14 4 .277 .306 .298 .604
1964 33 66 62 4 8 2 0 1 13 4 2 0 0 0 4 0 0 16 2 .129 .182 .210 .391
通算:12年 868 2731 2475 294 625 91 26 74 990 346 67 24 32 20 193 10 11 409 51 .253 .309 .400 .709

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 9 (1953年 - 同年途中、1954年 - 1965年)
  • 42 (1953年途中 - 同年終了)

脚注編集

  1. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』149頁
  2. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』150頁
  3. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』200頁
  4. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』202頁
  5. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』211頁
  6. ^ 『巨人軍に葬られた男たち』160頁
  7. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』56頁
  8. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』234頁
  9. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』240頁
  10. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』250頁
  11. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』65頁
  12. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』255頁
  13. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』262頁
  14. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』76頁
  15. ^ 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』279頁
  16. ^ 森岡浩編著『プロ野球人名事典 1999』日外アソシエーツ
  17. ^ a b 『プロ野球・燃焼の瞬間 -宮田征典・大友工・藤尾茂-』214頁

参考文献編集

関連項目編集