メインメニューを開く

棟方志功記念館(むなかたしこうきねんかん)は青森県青森市松原にある板画版画)作家棟方志功の作品を展示する博物館である。棟方の文化勲章受章を記念し、その業績を永く伝えるため青森県・青森市をはじめ各方面の協力のもとに1975年11月開館した。運営は、一般財団法人棟方志功記念館。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 棟方志功記念館
Munakata Shiko Memorial Museum of Art
棟方志功記念館(2006年10月)
棟方志功記念館の位置(青森県内)
棟方志功記念館
棟方志功記念館
日本国内における棟方志功記念館の位置
施設情報
専門分野 棟方志功版画作品
管理運営 一般財団法人棟方志功記念館
開館 1975年11月17日
所在地 030-0813
青森県青森市松原2丁目1の2
位置 北緯40度49分10秒 東経140度45分36秒 / 北緯40.81944度 東経140.76000度 / 40.81944; 140.76000
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

校倉造を模した建物は、池泉回遊式の閑静な日本庭園と調和が取れた形となっている。棟方志功の代表作「釈迦十大弟子」等の板画を展示する他、倭画、油画、書など多数の展示があり、特に初期の代表的作品の殆どを収蔵しているのが特徴である。少数の作品をじっくり見てほしいという作家自身の意向により、展示室の広さは抑えてつくられているが、年4回程度作品の展示替えを行い、多岐にわたる作品群を展示している。2012年平成24年)7月には鎌倉市にあった棟方板画館と合併し、497作品1112点が移管された。これにより、所蔵作品数は一気に3倍以上の1900点余りに増え、国内最大の棟方コレクションを持つようになった。

正面道路(通称:棟方志功記念館通り)には平和公園東奥学園高等学校NHK青森放送局青森市中央市民センター青森市立堤小学校などの施設が立ち並んでいる。隣には青森市民図書館があったのだが青森駅前の再開発でアウガに移転された。

アクセス編集

所在地:青森県青森市松原2丁目1の2

  • 青森市営バス中筒井方面行き(G7横内環状線、H7田茂木沢、田茂木野、K7昭和大仏、桑原、幸畑団地など)(2番のりば)「棟方志功記念館通り:所要時間約20分~25分」 下車、徒歩5~10分。運賃:200円
  • JRバス東北堤橋経由公立大学行き(9番のりば)運賃:200円
「棟方志功記念館通り」下車、徒歩4分。

・あおもりシャトルdeルートバスねぶたん号(青森観光バス)

・青森駅より右回りコース、7番乗り場より「棟方志功記念館前」下車。下車後左手すぐ目の前。(所要時間約20分)※26年7月31日までのコース
・新青森駅より左回りコース(南口1番のりば、県立美術館、三内丸山遺跡方面経由)及び右回りコース(東口3番のりば 青森県庁前・新町・青森駅方面経由) いずれかで「棟方志功念館前」下車すぐ目の前。(所要時間は両コースとも約40分。)※26年7月31日までのコース

 運賃:一律200円均一(ねぶたん号専用一日乗車券500円もあり。ねぶたん号車内や新青森駅構内観光案内所などで購入可能。曜日に関係なく通年利用可)

※青森観光バスHPより、26年8月1日から運行コースが変更。基本ルート(往復とも)棟方志功記念館~ホテル青森~アスパム~青森駅(ワラッセ前)~新青森駅東口~県立美術館~三内丸山遺跡間発着コースへ変更予定。(バス停も変更し限定される)運賃200円(均一)と一日乗車券(通年)は変更なし予定。

参考文献編集

  • 『棟方志功記念館20年のあゆみ』 財団法人棟方志功記念館編集・発行、1996年3月26日
  • 『生誕100年記念 棟方志功記念館 収蔵作品図録』 財団法人棟方志功記念館編集・発行、2003年5月
  • 『棟方志功記念館40年のあゆみ』 一般財団法人棟方志功記念館企画編集・発行、2016年2月

外部リンク編集