メインメニューを開く

森丘覚平

森丘 覚平(もりおか かくへい、1874年(明治7年)5月19日[1] - 1927年(昭和2年)12月1日)は、日本の政治家。衆議院議員(民政党[2]富山県会議員、同議長。富山県政界元老[2]。族籍は富山県平民[1][3]

目次

人物編集

富山県下新川郡大布施村(現・黒部市)出身[2]。先代・森丘覚平の長男[1]1877年家督を相続した[1]慶応義塾に学んだ(1912年に特選)[1][4]。明治中期から郡会議員、同副議長、次いで富山県会議員、同参事会員、議長を歴任した[2]1912年以来衆院議員当選3回[2]。桜庄銀行、生地銀行各取締役、魚津銀行、北陸人造肥料各監査役なども務めた[1][2]

『富山日報(後に他3社と統合し北日本新聞となる)』の社長、憲政界富山支部長など政界・言論界で活躍したほか、村農会を創立し会長となる。地方森林会議員、郡教育会副会長[5]

家族・親族編集

森丘家

富山県下新川郡大布施村[3][4]

  • 父・覚平(富山平民)[3]
  • 妻・とみ(富山、寺崎治七の妹)[3]
1877年 -
1898年 -
1902年 -
  • 二男・次郎[3]
1901年 -

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『人事興信録 第4版』も18-19頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『政治家人名事典』536頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第5版』も20頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月19日閲覧。
  4. ^ a b 『慶応義塾塾員名簿 大正13年』567頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月19日閲覧。
  5. ^ 『富山大百科事典』北日本新聞社、1994年
  6. ^ a b 『人事興信録 第11版 上』カ52頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月20日閲覧。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937-1939年。
  • 慶応義塾編『慶応義塾塾員名簿 大正13年』慶応義塾、1924-1942年。
  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年。