メインメニューを開く

森 公章(もり きみゆき、1958年2月 - )は、日本の歴史学者。専門は、日本古代史。

目次

来歴編集

岡山県生まれ。1981年東京大学文学部国史学科卒業、1988年同大学院博士課程単位取得退学、同年奈良国立文化財研究所文部技官、1994年高知大学人文学部助教授、1998年「古代日本の対外認識と通交」で東大文学博士、2001年東洋大学文学部教授。

著書編集

単著編集

  • 『古代日本の対外認識と通交』(吉川弘文館 1998年)
  • 『「白村江」以後――国家危機と東アジア外交』(講談社選書メチエ 1998年)
  • 『古代郡司制度の研究』(吉川弘文館 2000年)
  • 長屋王家木簡の基礎的研究』(吉川弘文館 2000年)
  • 『戦争の日本史(1)東アジアの動乱と倭国』(吉川弘文館 2006年)
  • 『遣唐使と古代日本の対外政策』(吉川弘文館 2008年)
  • 『奈良貴族の時代史――長屋王家木簡と北宮王家』(講談社選書メチエ 2009年)
  • 『地方木簡と郡家の機構』(同成社古代史選書 2009年)
  • 『倭の五王 日本史リブレット人』(山川出版社 2010年)
  • 『遣唐使の光芒』(角川選書 2010年)
  • 『古代豪族と武士の誕生』吉川弘文館・歴史文化ライブラリー、2012 
  • 在庁官人と武士の生成』吉川弘文館、2013 
  • 成尋と三天山五䑓山記の研究』吉川弘文館、2013 
  • 天智天皇』吉川弘文館・人物叢書、2016 

編著編集

  • 『日本の時代史(3)倭国から日本へ』(吉川弘文館 2002年)
  • 『遺跡で見る日本の歴史(3)』(吉川弘文館 2010年)

外部リンク編集