メインメニューを開く

森口 多里(もりぐち たり、1892年7月8日 - 1984年5月5日)は、美術史家美術評論家民俗学者

岩手県水沢町大町(現:奥州市)にて金物商を営む父森口伊三郎、母カネヨの次男として生まれる。一関中学校(現:岩手県立一関第一高等学校)をへて、1910年明治43年)に早稲田大学文学部予科に入学し、在学中より美術品の調査を行う。1914年に早稲田大学を卒業した[1]後は美術評論活動を行い、『ミレー評伝(ロマン・ロラン著)』の翻訳や『恐怖のムンク』といった評論文を執筆。森口の多彩な文筆活動は、美術史・美術評論に留まらず、戯曲、建築、そして民俗など多岐にわたり、生涯で50冊余の書作を世に送り出している。

出典編集

脚注編集