森岡 元長(もりおか もとなが)は、江戸時代前期の弘前藩士。

 
森岡元長
時代 江戸時代前期
生誕 正保4年(1647年
死没 元禄12年6月14日1699年7月10日
別名 主膳、左門、信明
墓所 青森県弘前市梅林寺
主君 津軽信政
陸奥弘前藩
氏族 称・藤原氏津軽氏支流森岡氏
父母 森岡信安
元隆
テンプレートを表示

生涯編集

正保4年(1647年)、森岡信安の子として誕生。

万治3年(1660年)、証人役になり、寛文4年(1664年)家督700石を継いで、延宝4年(1676年)には家老となった。貞享3年(1686年)には城代となり、1000石に加増された。元禄3年(1690年)、再び家老となると、元禄12年(1699年)6月14日、死去した。

参考文献編集