森田洋司(もりた ようじ、1941年8月7日- 2019年12月31日[1])は、日本の社会学者、鳴門教育大学特任教授、大阪市立大学名誉教授。専門は社会学(教育社会学、犯罪社会学、社会病理学、生徒指導論)、特にいじめ問題。日本生徒指導学会会長、日本社会病理学会会長、日本被害者学会理事。

来歴編集

名古屋市生まれ。1966年大阪市立大学文学部社会学科卒、70年同大学院博士課程満期退学。1993年「「不登校」現象の社会学」で大阪市大文学博士愛知県立大学助教授、大阪市立大学助教授、教授、2004年定年退官、名誉教授、大阪樟蔭女子大学教授、2006-2010年学長。2010年学校法人樟蔭学園常任理事。2017年大阪樟蔭女子大学退任。2019年死去。叙従四位瑞宝中綬章追贈[2]

著書編集

  • 『「不登校」現象の社会学』学文社 1991
  • 『いじめとは何か 教室の問題、社会の問題』中公新書 2010 ISBN 978-4-12-102066-6

共編著編集

  • 『いじめ 教室の病い』清永賢二共著 金子書房 1986
  • 『教室からみた不登校 データが明かす実像と学校の活性化』松浦善満共編著 東洋館出版社 1991
  • 『日本のいじめ 予防・対応に生かすデータ集』秦政春若井弥一滝充共編著 金子書房 1999
  • 『落層 野宿に生きる』編著 日経大阪PR企画出版部編 日経大阪PR 2001
  • 『不登校-その後 不登校経験者が語る心理と行動の軌跡』編著 教育開発研究所 2003 教職研修総合特集
  • 『逸脱研究入門 逸脱研究の理論と技法』宝月誠共編著 文化書房博文社 2004 社会学研究シリーズ 理論と技法
  • 『医療化のポリティクス 近代医療の地平を問う』進藤雄三共編 学文社 2006 シリーズ社会問題研究の最前線

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 森田洋司さん死去:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年1月7日閲覧。
  2. ^ 『官報』184号、令和2年2月5日

参考編集