メインメニューを開く

矢島 正見(やじま まさみ、1948年 - )は、日本社会学者一般財団法人青少年問題研究会理事長、元中央大学教授。専攻は犯罪社会学、社会病理学、性社会学。

目次

人物[1]編集

神奈川県横浜市生まれ。1971年、中央大学文学部社会学科卒業、1979年、同大学院文学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学。1981年大正大学文学部専任講師、1982年、同文学部社会福祉学科専任講師、1987年、同文学部社会福祉学科助教授。1991年、中央大学文学部助教授、1993年、同文学部教授、2005年、日本社会病理学会出版賞受賞、2007年、日本社会病理学会出版奨励賞受賞、2018年、中央大学定年退職。一般財団法人青少年問題研究会理事長[2]

著書編集

  • 少年非行文化論 学文社 1996.4
  • 忠犬パパは眠れない 2001.2 (宝島社新書)
  • 社会病理学的想像力 「社会問題の社会学」論考 学文社 2011.1

共編著編集

  • 成熟社会の病理学 米川茂信共編 学文社 1993.4
  • 生活問題の社会学 井上実共編 学文社 1995.4
  • 男性同性愛者のライフヒストリー 学文社 1997.6
  • 女性同性愛者のライフヒストリー 学文社 1999.4
  • おかま道を行く-谷津瀬由美研究 戦後日本<トランスジェンダー>社会史研究会 2000.12
  • 高校生のための人気学問ガイド(監修)2000.7 (旺文社ムック)
  • 戦後日本<トランスジェンダー>社会史 1(基礎研究・資料編) 三橋順子,杉浦郁子共編 戦後日本<トランスジェンダー>社会史研究会 2000.3
  • 変わる若者と職業世界 トランジッションの社会学 耳塚寛明共編著 学文社 2001.4 (シリーズ職業とライフスタイル
  • 戦後日本<トランスジェンダー>社会史 3(基礎研究・資料続編)石田仁共編著 戦後日本<トランスジェンダー>社会史研究会 2001.3
  • よくわかる犯罪社会学入門 犯罪非行とはいったい何か? 丸秀康,山本功共編著 学陽書房 2004.11
  • 戦後日本女装・同性愛研究 (編著) 中央大学出版部 2006.3 (中央大学社会科学研究所研究叢書)
  • 関係性の社会病理 高原正興共著 学文社 2016.4

編集

外部リンク編集