メインメニューを開く

森谷 公俊(もりたに きみとし、1956年 - )は、日本の歴史学者。専門は、古代ギリシア・マケドニア史。帝京大学文学部史学科教授

略歴編集

徳島県鳴門市生まれ。1979年東京大学文学部西洋史学科卒業、1982年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了、1985年同博士課程西洋史学専門課程単位取得退学。

1985年東京都立大学人文学部助手、1992年、帝京大学文学部史学科助教授、2011年同教授。元歴史学研究会委員。

著書編集

  • 『王妃オリュンピアス―アレクサンドロス大王の母』(筑摩書房ちくま新書], 1998年)
    • 『アレクサンドロスとオリュンピアス―大王の母、光輝と波乱の生涯』(ちくま学芸文庫, 2012年)
  • 『王宮炎上――アレクサンドロス大王とペルセポリス』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー], 2000年、オンデマンド版2017年)
  • 『アレクサンドロス大王――「世界征服者」の虚像と実像』(講談社選書メチエ, 2000年)
  • 『学生をやる気にさせる歴史の授業』(青木書店, 2007年)
  • 『興亡の世界史(01) アレクサンドロスの征服と神話』(講談社, 2007年)
  • 『アレクサンドロス大王東征路の謎を解く』(河出書房新社, 2017年)

編著ほか編集

  • 『図説 アレクサンドロス大王』(河出書房新社〈ふくろうの本〉, 2013年)。図版書の解説
  • 『ユーラシア文明とシルクロード ペルシア帝国とアレクサンドロス大王の謎』
    山田勝久・児島建次郎との共著(雄山閣, 2016年)

訳書編集