鳴門市

日本の徳島県の市

鳴門市(なるとし)は、四国の東端、徳島県の北東端に位置し、鳴門海峡の西側に位置する。旧板野郡

なるとし
鳴門市
Naruto Whirlpools taken 4-21-2008.jpg
鳴門の渦潮
Flag of Naruto, Tokushima.svg
鳴門市旗
Emblem of Naruto, Tokushima.svg
鳴門市章
 1947年昭和22年)11月7日制定
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
団体コード 36202-6
法人番号 6000020362026
面積 135.66km2
総人口 57,657
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 425人/km2
隣接自治体 板野郡松茂町北島町藍住町板野町
香川県東かがわ市
兵庫県南あわじ市(鳴門海峡を挟んで)
市の木 モチ
市の花 ハマボウ
鳴門市役所
市長 泉理彦
所在地 772-8501
徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜170番地
北緯34度10分21.3秒東経134度36分31.6秒座標: 北緯34度10分21.3秒 東経134度36分31.6秒
Naruto city hall.JPG
外部リンク 鳴門市

鳴門市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

兵庫県神戸市方面に通じる神戸淡路鳴門自動車道の四国側玄関口である。淡路島との間には市名の由来となった鳴門海峡があり、渦潮鳴門の渦潮)が有名である。

鳴門公園ドイツ館など多数の観光地を抱える徳島県下有数の観光都市であると同時に、地元発祥の大塚グループ関連の工場や企業、施設が多数立地する企業城下町としての側面も持ち合わせている。

第一次世界大戦当時には、板東俘虜収容所と呼ばれたドイツ人の収容所があり、日本で初めてベートーヴェン第九の演奏が行われた。また、大麻地区には四国八十八箇所霊場の1番札所である霊山寺があり、季節を問わず、白衣を着た遍路の姿が絶えない。特産品として、鳴門金時(なるときんとき)(金時)や鳴門わかめなどが有名である。

目次

地理編集

 
鳴門スカイライン展望台から臨むウチノ海

徳島県の北東部に位置し、鳴門海峡を隔てて、淡路島の南あわじ市福良と向かい合う。市は四国本島と大毛島高島島田島から成り、市の南側の市町境付近には旧吉野川が流れている。土地は市の北西地域が阿讃山脈の最東部に位置している事から全体的に山地の比率が高い。

尚、瀬戸内海式気候のため、徳島県にありながら降雨量が少ない。また、撫養では1923年大正12年)8月6日に、国内の最高気温とも言われる42.5℃を記録した。これは気象庁の観測所ではなく気象庁から観測を委託されていた区内観測所(当時の板野郡役所)で記録されたもので非公式記録ではあるが、気象庁監修の『気象年鑑』(2007年版以前)にも掲載されていた。

歴史編集

市名の由来編集

市名の由来は鳴門海峡である。市制施行当初は鳴門海峡の南側であることから鳴南市(めいなんし)としたが、2か月後鳴門市に改称している。鳴門海峡は瀬戸内海太平洋を結ぶ戸に見立てて、海峡に発生する渦潮の音の大きさから「鳴門」と呼ばれるようになったといわれている。

  • 1862年(文久2年)刊行の『雲錦随筆』(画家・暁鐘成 作)には鳴門の渦潮についての挿絵入りの随筆がある[1]

沿革編集

人口編集

人口は約6万人であり、平成の大合併前までは徳島市に次いで2番目に多かったが、阿南市が周辺2町と合併したことから現在は3番目である。

 
鳴門市と全国の年齢別人口分布(2005年) 鳴門市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 鳴門市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
鳴門市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 60,634人
1975年 61,959人
1980年 63,423人
1985年 64,329人
1990年 64,575人
1995年 64,923人
2000年 64,620人
2005年 63,200人
2010年 61,513人
2015年 59,101人
総務省統計局 国勢調査より

行政編集

鳴門市役所も参照

市長編集

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
近藤尚之 1947年昭和22年)4月 1951年(昭和26年)4月  
2 槇田献太郎 1951年(昭和26年)4月 1955年(昭和30年)5月  
3 近藤尚之 1955年(昭和30年)5月 1959年(昭和34年)5月  
4 谷光次 1959年(昭和34年)5月 1987年(昭和62年)4月  
5 矢野茂文 1987年(昭和62年)4月 1995年平成7年)4月  
6 山本幸男 1995年平成7年)4月 1999年(平成11年)4月  
7 亀井俊明 1999年(平成11年)4月 2007年(平成19年)4月  
8 吉田忠志 2007年(平成19年)4月 2009年(平成21年)8月 在職中に死去
9 泉理彦 2009年(平成21年)10月 現職 (二期目)  

市議会編集

鳴門市議会を参照。

紋章編集

 
鳴門市章

経済編集

産業編集

  • かつては塩業が盛んであり、それを生かした資料館の構想も進んでいる。又、現在、市内には大塚製薬グループや鳴門塩業などが立地している。漁業も盛んで、ハマチわかめの養殖の他にも、紀伊水道瀬戸内海に好漁場がある。

特産品編集

伝統工芸編集

市内に本社・本部・事業所を置く主要企業編集

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

提携都市

海外編集

姉妹都市

地域編集

町名一覧編集

教育編集

 
鳴門教育大学

現存する学校編集

大学編集
高等学校編集
中学校編集
小学校編集
専門学校編集
児童福祉施設編集

廃止された学校編集

郵便編集

集配を担当する郵便局は、以下の3局である(局名の後に記述している数字は郵便番号)。このほか、集配を担当しない郵便局が10箇所[6]、簡易郵便局が4箇所[7]置かれている。

  • 鳴門郵便局 : 772-00xx・771-03xx
  • 板東郵便局 : 779-02xx
  • 堀江郵便局 : 779-03xx

交通編集

鉄道編集

 
JR鳴門駅(2010年8月撮影)

バス編集

一般路線バス編集

かつては鳴門市営バスが市内を運行していたが、2013年4月1日に廃止され、廃止時の残存路線は徳島バスに譲渡された。

高速バス路線編集

高速鳴門停車の高速バス路線

鳴門西鳴門インター北口停車の高速バス路線

鳴門西停車の高速バス路線

鳴門インター北口停車の高速バス路線

  • コトバスエクスプレス博多行、 四日市・名古屋行、新宿駅・東京駅・東京ディズニーリゾート行(琴平バス、鳴門インター北口に隣接する「コトバスステーション鳴門インター」への停車)

鳴門市内停車の高速バス路線

高速バス停留所編集

道路編集

 
大鳴門橋(神戸淡路鳴門自動車道)

高速道路・有料道路編集

市内にあるインターチェンジ

一般国道編集

県道編集

船舶編集

現在、淡路島・その他への定期航路はない。

観光地・祭事編集

鳴門は以前から四国を代表する観光地であったが、明石海峡大橋開通後は、神戸から50分程度、大阪からでも80分程度の所要時間の場所となった事から、京阪神の近場の観光地として注目されている。

観光スポットでは、鳴門公園周辺の「徳島県立渦の道」や「大塚国際美術館」の人気が高く、宿泊施設では大毛島の海岸沿いに立地するリゾートホテルの人気が高い。

 
妙見山公園内の旧鳥居記念博物館

名所・旧跡・観光編集

鳴門公園周辺

市街地周辺

ドイツ館周辺

祭事編集

スポーツ編集

主な宿泊施設編集

鳴門公園周辺

北灘町

岡崎海岸周辺

  • 旅館水の
  • 国民宿舎大谷荘

市街地周辺

  • ビジネスホテル北洋
  • 鳴門ホテルはま
  • ビジネスホテル鳴門
  • ビジネスホテル第一
  • ホテルファーストシーズン
  • ビジネスホテルビーエム
  • ホテルヴィルベル
  • ホテルアド・イン鳴門

食文化編集

出身有名人編集

その他編集

鳴門市が舞台の作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 暁鐘成「雲錦随筆」吉川弘文館(日本随筆大成 巻2)1927年(昭和2年)、42~44頁
  2. ^ 町村制施行時、徳島県内で2つだけだった「町」のひとつ(もうひとつは現在の美馬市の一部に当たる脇町。)
  3. ^ 図典 日本の市町村章 p191
  4. ^ 図典 日本の市町村章 p191
  5. ^ かつては兵庫相互銀行→兵庫銀行みどり銀行の鳴門支店も存在した。
  6. ^ 堂浦・鳴門高島・鳴門岡崎・鳴門大代・鳴門北灘・鳴門土佐泊・鳴門斎田・鳴門里浦・鳴門木津・鳴門黒崎の各郵便局。
  7. ^ 矢倉・櫛木・恵美寿・折野の各簡易郵便局。

外部リンク編集