メインメニューを開く

植村 寿朝(うえむら ひさとも、元文元年(1736年) - 宝暦3年10月9日1753年11月3日))は、上総勝浦藩の嫡子。出羽庄内藩主・酒井忠寄の四男。勝浦藩第3代藩主・植村恒朝の娘と婚約し、その養子となる。

寛延4年(1751年)8月に養父が改易されたため、寿朝も連座して処罰されたが、宝暦3年(1753年)に罪を許され、2000俵取りの小普請として家名再興を果たした(植村五郎八家)。しかし、同年18歳で早世した。その跡は、末期養子植村泰高内藤正熹の子)が継いだ。