メインメニューを開く

酒井 忠寄(さかい ただより)は、江戸時代中期の出羽庄内藩の第5代藩主。左衛門尉酒井家第7代当主。老中。官位は従四位下、摂津守、左衛門尉侍従正室前田綱紀の養女(浅野吉長の娘)。

 
酒井忠寄
時代 江戸時代中期
生誕 宝永元年8月11日1704年9月9日
死没 明和3年5月8日1766年6月14日
墓所 山形県鶴岡市
官位 従四位下、左衛門尉
幕府 江戸幕府老中
主君 徳川吉宗家重家治
出羽庄内藩第5代藩主
氏族 左衛門尉酒井家第7代当主
父母 父:酒井忠予、養父:酒井忠真
兄弟 忠英忠寄、妹(遠藤胤親正室)
正室:前田綱紀の養女浅野吉長の娘)
忠温植村寿朝本多康伴本多忠久本庄資尹、娘(松平忠刻正室)

生涯編集

出羽庄内藩支藩松山藩主・酒井忠予の次男。本家の酒井忠真の子が早世し、嗣子がなかったため養子入りし、第4代藩主・忠真の養嗣子となる。庄内藩は蝦夷警備と東北の外様大藩警守が任務で、通常幕府の役職に就かないならいであったが、忠寄は寛延2年(1749年)、46歳のとき老中に抜擢された。老中在任中、宝暦騒動郡上一揆)始末の担当となり裁判を担当している。

明和3年(1766年)、死去。家督は長男の忠温が継いだ。

経歴編集