椿井仏所(つばいぶっしょ)は、奈良を中心に活動した仏像工房。津波居仏所などとも書く。

概要編集

運慶慶派を連想させる造仏を行ったことや、所属仏師にの字を名に用いる者が多いことなどから、慶派の傍流と考えられる。

歴史編集

  • 寛文11年(1671年)には、分裂し一部の仏師はに移住した。

関連項目編集

著名仏師編集

その他編集

参考文献編集

  • 小林剛「室町時代に於ける椿井仏所について」『仏教芸術』11、1995年10月、p.3-13.