慶派(けいは)は、平安時代末期から江戸時代仏師の一派。定朝の孫頼助に始まる奈良仏師の傍系出身だが、七条仏所を形成、主流派をなす。

目次

名前の由来編集

名に「慶」のつく仏師を多数輩出したことから。ただし、その正系は南北朝時代以降「康」の字を用いることが多くなる。

主な仏師編集

参考文献編集

関連項目編集