この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

楊 定(よう てい、生没年不詳)は、中国後漢末期の武将。整修涼州の人。

楊定
後漢
後将軍
出生 生年不詳
涼州
死去 没年不詳
拼音 Yáng Dìng
整修
主君 董卓王允郭汜献帝
テンプレートを表示

事跡編集

当初は董卓配下で、董卓暗殺後は王允に従った。しかし、王允の傲慢な態度に怒り、胡軫と共に李傕に寝返って長安を攻め落としている。李傕の下では安西将軍となった。

興平2年(195年)、李郭汜が対立すると、楊定は郭汜側につき、自陣に献帝を迎え入れようと画策した。しかし、先手を打った李に献帝を奪われてしまった。その後、張済の調停もあって李傕と郭汜らは和解した。楊定は郭汜・董承楊奉らと共に献帝を護衛して、洛陽へ向かうことになった。同年7月、後将軍に任命されている。

同年10月、洛陽へ向かう途中の新豊で、郭汜は献帝を独占しようと企んだが、楊定は楊奉と共に郭汜を破り追い出した。さらに華陰まで進むと、その地に駐屯していた段煨は献帝に物資を献上し、自分の本営に招き入れようとした(なお、段煨には献帝を政治利用する意図はなかったという)。しかし、段煨と不仲だった楊定は、これを阻止するため段煨は謀反を企んでいるとして攻撃したが、10日経っても勝負は決しなかった。その後、李傕らは段煨を支援し、郭汜が楊定の進路を遮ってしまったため、楊定は進退窮まって荊州へ逃走した。これ以降史書に記述は見当たらない。

小説『三国志演義』には登場しない。

参考文献編集

  • 後漢書』列伝62 董卓伝
  • 同 本紀9 孝献帝紀
  • 三国志』魏書6付・李傕郭汜伝