メインメニューを開く

楊 整(よう せい、? - 576年)は、中国北朝の人物。の文帝楊堅の同母弟。

経歴編集

楊忠と呂氏の間の次男として生まれた。北周明帝のとき、父の軍功により、陳留郡公の爵位を受けた。まもなく開府儀同三司・車騎大将軍となった。576年武帝の下で北斉を攻撃し、并州で戦死した。580年、楊堅が丞相となると、柱国・大司徒・冀定瀛相懐衛趙貝八州刺史の位を追贈された。581年、隋が建てられると、蔡王に追封された。は景といった。

子女編集

伝記資料編集

  • 隋書』巻四十四 列伝第九
  • 北史』巻七十一 列伝第五十九