楊艶

西晋の司馬炎の皇后。本貫は弘農郡華陰県。弘農楊氏

楊 艶(よう えん)は、中国西晋の武帝司馬炎の皇后。恵帝の母。瓊芝本貫弘農郡華陰県。父はの通事郎の楊炳(字は文宗)。曾祖父は楊衆(楊震の曾孫)。母は趙氏。

楊皇后
西晋の皇后
在位 泰始2年1月27日 - 泰始10年7月6日
266年3月20日 - 274年8月25日

全名 楊艶
楊瓊芝(字)
別称 武元皇后
出生 景初2年(238年
死去 泰始10年7月6日
274年8月25日
埋葬 峻陽陵
配偶者 武帝
子女 司馬軌
恵帝
司馬柬
平陽公主
新豊公主
陽平公主
氏族 弘農楊氏
父親 楊炳
母親 趙氏(趙俊の姉妹)
従妹 楊芷(武帝の2人目の皇后)
従姉妹 趙粲(武帝の側室)
テンプレートを表示

生涯編集

幼時に父母を失い、母方の叔父の趙俊で養育された。容貌美しく、女紅をよくした。司馬昭の意向により司馬炎にとつぎ、夫婦仲は良く、司馬衷(恵帝)など多くの子供を産んだ。

泰始2年(266年)正月、司馬炎が即位すると、皇后に立てられた。嫉妬深い性格であり、司馬炎が自分の後宮に入れるための女子を選ぶ際には妬み、色白で背が高いが不美人な女性だけを選んだ。あるとき司馬炎は容姿が美しい卞藩の娘を気に入ったが、楊艶は「卞氏は魏の三代の后族であった」を理由にこれに反対し、入内は取り止めとなった。司馬炎は太子の司馬衷が暗愚なため廃そうと考えたが、楊艶は実子を溺愛し、力を尽くして諫めてこれをはばんだ。また、楊艶の働きかけにより賈南風が太子妃(後の皇后)となった。

泰始10年(274年)7月、武帝の膝に崩じた。臨終に際して、貴嬪胡芳胡奮の娘、司馬炎の寵妃)を厭い、従妹の楊芷を次の皇后に立てるよう懇願した。された。その後、夫の諡を重ねて武元皇后と称された。

母方の従姉妹の趙粲(趙俊の兄の娘)は司馬炎の側室となっている。

子女編集

  • 司馬軌(毗陵王)
  • 司馬衷(恵帝
  • 司馬柬(秦王)
  • 平陽公主
  • 新豊公主
  • 陽平公主

伝記資料編集