楞伽師資記』(りょうがしじき)は、浄覚玄賾の弟子)によって書かれた中国禅宗燈史。全1巻。

楞伽経』を主な経典とする楞伽宗(初期禅宗)の歴史が書かれており、楞伽経の翻訳者である求那跋陀羅から、普寂らに至るまでの禅宗北宗系の人物が書かれている。

成立年には景龍2年(708年)頃説と、開元4年(716年)頃説がある。

敦煌文献チベット文献に、部分で存在する。

内容編集

  1. 求那跋陀羅 - 『楞伽経』翻訳者
  2. 菩提達磨 - 禅宗初祖
  3. 慧可 - 禅宗二祖
  4. 僧璨 - 禅宗三祖
  5. 道信 - 禅宗四祖
  6. 弘忍 - 禅宗五祖
  7. 神秀 - 禅宗北宗初祖・玄賾慧安
  8. 普寂 - 禅宗北宗二祖・敬賢義福恵福

エディション編集

参考文献編集

関連項目編集

  • 『楞伽人法志』 - 本書の元となった燈史

外部リンク編集