楞伽経』(りょうがきょう、: Laṅkāvatāra Sūtra, ランカーヴァターラ・スートラ)とは、中期大乗仏教経典の一つ。如来蔵思想と唯識思想が説かれる。

についても説かれているため、初祖である達磨大師以来、中国における初期の禅宗でも重視された(六祖・慧能からは、代わりに『金剛経』(金剛般若経)が重視されるようになった)[1]

ネパールでは、九法宝典(Navagrantha)の一つとして位置づけられる[2]

概要編集

ランカー島(セイロン島)を訪れた釈迦ラーヴァナと対話する、という体裁をとる。

以下の三種の訳書が現存する。

大正新脩大藏經では「経集部」に収録。

参考文献編集

脚注・出典編集

  1. ^ 『華厳の思想』 鎌田茂雄 講談社学術文庫 pp152-153
  2. ^ 藤谷厚生, 「金光明経の教学史的展開について (PDF) 」『四天王寺国際仏教大学紀要』 平成16年度 大学院 第4号 人文社会学部 第39号 短期大学部 第47号, p.1-28(p14), NAID 110006337539

関連項目編集