メインメニューを開く

求那跋陀羅(ぐなばっだら、Guṇabhadra、グナバドラ 394年468年)は中インド出身の僧侶、訳経僧バラモン階級出身で、幼時より五明に通じ、天文、書算、医学、呪術を広く学んだが、雜阿毘曇心論を読んだことによって仏法に帰依し、出家した。諸国で遊学し、スリランカ経由で435年広州に到着。南朝宋文帝によって迎えられ建康に入る。 来朝後は、様々な大小経典を翻訳し、のちの中国仏教に多大な影響を与えた。

翻訳経典編集