極超音速機(ごくちょうおんそくき)とはマッハ5.0以上の極超音速:ハイパーソニック (hypersonic speed)で飛行する航空機である。

マッハ7到達時のコンピュータ計算による流体解析の等高線図

概要編集

 
B-52の翼下に懸架されたX-51
 
大気圏再突入時のFalcon HTV2の概念図

マッハ数5.0以上で飛行する航空機が対象となる。スペースシャトル再突入時なども広義には超音速に含まれるが、極めて特殊な現象が生じるため、取り扱う理論も違ってくる。運動エネルギーが極めて大きいため静圧は極めて小さい。さらに特筆すべき特徴として

  1. 衝撃波が物体表面に近づくことによって衝撃波層が生じること
  2. 物体先端部での断熱圧縮および物体表面における粘性によって極めて高温な空気となりその組成が変化すること
  3. 流れに平行な薄板であっても強い衝撃波が生じること

などが挙げられる[1]

空力加熱から機体を守るためには特殊な熱防護システムが必要となり、再生冷却等、さまざまなタイプのものが考案され研究が行われている[2][3][4][5]。エンジンは基礎研究の段階でスクラムジェット空気液化サイクルエンジンや可変サイクルエンジンを使用する。燃料は水素のような火炎伝播速度の速い燃料の使用が不可欠になる[6][7]

実験には極超音速に対応した風洞が必要となる[8]

主な極超音速機編集

  • X-15 - 1967年10月3日に行われた188回目の飛行試験で、7,274km/h (マッハ6.7)の最高速度を記録した。
  • X-43 - 2004年11月16日に行われた3回目の飛行試験で12,144km/h (マッハ9.68)の最高速度を記録した。
  • X-51 - 2013年5月1日に行われた4回目の飛行実験で5,400 km/h (マッハ5.1)の最高速度を記録した。
  • HYFLEX - 1996年2月12日に打ち上げられた宇宙開発事業団の極超音速飛行実験機
  • RLV-TD - 2016年5月23日に打ち上げられたインド宇宙研究機関の極超音速飛行実験機
  • XS-1 - 国防高等研究計画局が開発中の再使用型の1段目ブースター
  • Tu-360 - 戦略爆撃機の計画

ロケット編集

広義には、宇宙ロケット弾道ミサイルも、大気圏を飛んでいる間は超音速機といえる。スペースシャトルX-43に記録更新されるまで、世界最速の航空機として、ギネスブックに登録されていた。

兵器編集

各国ではミサイル防衛網の突破を狙い、ブースターで極超音速まで加速後、目標まで低空を滑空し突入する極超音速兵器の開発が行われている[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 中村佳朗 講義テキスト「圧縮性流体力学」 名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 流体力学研究室
  2. ^ ISAS/JAXA 安倍・船木研究室 大気突入技術
  3. ^ JAXA宇宙輸送用語集「熱防護システム」
  4. ^ JAXA小惑星探査機「はやぶさ」物語
  5. ^ 山田哲哉, 安部隆士「「はやぶさ」カプセルの地球大気再突入時におけるプラズマ現象とその周辺」『プラズマ・核融合学会誌』第82巻第6号、プラズマ・核融合学会、2006年6月、 368-374頁、 ISSN 09187928NAID 110006282076
  6. ^ 極超音速旅客機技術
  7. ^ 極超音速ターボジェットのマッハ4推進風洞実験に成功
  8. ^ JAXA、極超音速小型実験機の風洞試験を2月頃実施へ - 旅行業界・航空業界 最新情報 - 航空新聞社
  9. ^ 中国が新型ICBM「東風41」を公開 全米を射程 - 日本経済新聞

関連項目編集

外部リンク編集