楽法寺

日本の茨城県桜川市にある仏教寺院

楽法寺(らくほうじ)は、茨城県桜川市本木にある真言宗豊山派寺院である。山号を雨引山と称し、本尊は観音菩薩坂東三十三観音第24番札所、東国花の寺百ヶ寺茨城6番札所であり、雨引観音とも称される。

楽法寺
Amabikikannon.jpg
観音堂(本堂)
所在地 茨城県桜川市本木1
位置 北緯36度19分51秒 東経140度7分15秒 / 北緯36.33083度 東経140.12083度 / 36.33083; 140.12083座標: 北緯36度19分51秒 東経140度7分15秒 / 北緯36.33083度 東経140.12083度 / 36.33083; 140.12083
山号 雨引山
宗派 真言宗豊山派
本尊 観音菩薩(寺伝延命観音)
創建年 伝・587年用明天皇2年)
開基 伝・法輪独守
正式名 雨引山樂法寺
別称 雨引観音
札所等 坂東三十三観音 第24番
関東八十八箇所 特別霊場
東国花の寺百ヶ寺 茨城6番
文化財 木造観世音菩薩立像(国の重要文化財
本堂・仁王門・絹本著色十一面観音画像ほか(茨城県有形文化財)
法人番号 4050005010069 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
仁王門
多宝塔
雨引観音の宿椎
雨引観音の孔雀
雨引観音から加波山と筑波山
紫陽花に彩られた仁王門

沿革編集

寺伝によれば、587年用明天皇2年)、中国()出身の法輪独守居士によって創建されたという。山号寺名は旱魃時の雨乞いに霊験があったとして嵯峨天皇から勅命により賜ったとされる。1254年建長6年)、宗尊親王により再興され、さらに建武年間(1334 - 1338年)、足利尊氏により再興されたという[1]

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

茨城県指定有形文化財編集

その他編集

  • 薬医門(旧真壁城から移築)

所在地・交通編集

所在地
交通

前後の札所編集

坂東三十三観音
23 正福寺 - 24 楽法寺 - 25 大御堂
関東八十八箇所
36 阿弥陀院(石岡市) - 特別 楽法寺 - 37 大輪寺(結城市)
東国花の寺百ヶ寺
茨城5 如意輪寺 - 茨城6 楽法寺 - 茨城7 千妙寺

脚注編集

  1. ^ 『日本歴史地名大系 茨城県の地名』(平凡社、1982)、p.494

関連項目編集

外部リンク編集