メインメニューを開く

榊 健滋(さかき けんじ、1月24日[1] - )は、日本漫画家。女性。夫は漫画家のうすた京介[2]

榊 健滋
国籍 日本
活動期間 2005年 -
ジャンル 少年漫画サスペンス
代表作ǝnígmǝ【エニグマ】』、『ラブデスター
テンプレートを表示

略歴編集

赤マルジャンプ』(集英社)2005 SPRINGに「ビーチ・ボム」を掲載しデビュー。その後、『ジャンプ the REVOLUTION!』(集英社)2006に「大正警察活劇百獣夜行」を掲載。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2010年41号から2011年47号まで、「ǝnígmǝ【エニグマ】」を連載した。

少年ジャンプ+』(集英社)2015年2月25日より毎週水曜更新で『ラブデスター』を連載(2018年4月25日完結)。2015年9月5日以降はうすた京介も『少年ジャンプ+』で『フードファイタータベル』を連載したので、夫婦そろっての連載となった[2]

人物編集

  • 2016年12月28日、第一子となる男児を出産。自身のTwitter上に2017年4月2日より不定期で第一子の妊娠から出産・育児を記録した育児漫画を掲載している。
  • 2018年7月3日、第二子となる女児を出産[3]

作品リスト編集

師匠編集

脚注編集

外部リンク編集