この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

榊原 忠長(さかきばら ただなが)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将上野国館林藩の世嗣。

 
榊原忠長
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正13年(1585年
死没 慶長9年2月15日1604年3月15日
上野館林藩世嗣
氏族 榊原氏
父母 榊原康政大須賀康高
兄弟 大須賀忠政福正院、聖興院、忠長康勝
テンプレートを表示

略歴編集

上野国館林藩初代藩主・榊原康政の次男として誕生。母は正室で大須賀康高の娘。

同母兄・大須賀忠政が外祖父亡き後の大須賀家を継いだため、榊原家の世子となった。関ヶ原の戦いでも父に従って第二次上田合戦などに参戦している。しかし、家督相続以前の慶長9年(1604年)、父に先立ち20歳で子の無いまま死去した。

世子の座には異母弟・康勝が就き、父の死後、家督を相続した。