メインメニューを開く

榎原 雅治(えばら まさはる、1957年 - )は、日本の歴史学者、東京大学史料編纂所教授。中世史専門。

来歴編集

岡山県生まれ。岡山朝日高校卒。1980年東京大学文学部日本史学卒、1982年同大学院人文科学研究科修士課程修了、博士課程中退。同大学史料編纂所助教授、教授。2010-2013年同所長。2003年「日本中世地域社会の構造」で東大文学博士

人物編集

2001年に、新しい歴史教科書をつくる会の教科書が検定に合格した際に、宮地正人が同教科書に掲載されている幕末にペリーが来航した際に白旗と「開国要求を認めないならば武力に訴える」「降参というときにはこの白旗を押し立てよ」と書かれた手紙を渡した―とするコラムを「ペリーの手紙なるものは、明々白々の偽文書である」と批判した。これに対し当時日本大学教授の秦郁彦は『諸君!』2002年2月号で、偽文書であるというのは説得力に乏しいと反論したが、それに対して榎原は再反論を行った。その際に、まともに歴史の研究をしたことがないのだろう、きっとそうに違いない、とおよそ学者らしからぬ、年長者に対して使用する言葉らしからぬ品位を欠いた言葉で秦を罵倒した[1]

著書編集

  • 『日本中世地域社会の構造』校倉書房 歴史科学叢書 2000
  • 『中世の東海道をゆく 京から鎌倉へ、旅路の風景』中公新書 2008/読みなおす日本史:吉川弘文館 2019
  • 『室町幕府と地方の社会 シリーズ日本の中世史(13)』岩波新書、2016 

共編など編集

脚注編集

参考編集