樋口 橘(ひぐち たちばな、3月16日[2] - )は、日本漫画家京都府出身[2]血液型はA型[2]白泉社漫画雑誌花とゆめ』の作家陣の一員。

樋口 橘
生誕 ????3月16日
日本の旗 日本京都府
職業 漫画家
活動期間 1996年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 『スワンレイク』[1]
MとNの肖像[1]
学園アリス[1]
受賞
  • 第8回BMCストーリー部門トップ賞(『ブラ・シス』)
  • 第27回BC大賞(『水色の彼女』)
  • 第24回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞(『スワンレイク』)
テンプレートを表示

来歴編集

1995年、「ブラ・シス」で白泉社第8回ベストまんがスクール・ストーリー部門のトップ賞を受賞。1996年、「水色の彼女」で白泉社第27回ビッグチャレンジ大賞を受賞[1]。同年『別冊花とゆめ』5月号(白泉社)に掲載された「5月のサクラ」でデビュー[2]1999年、「スワンレイク」で第24回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。

代表作の『学園アリス』は2002年から2013年まで『花とゆめ』で連載され、アニメ化・ゲーム化された[1]。また、『学園アリス』のイラストを東日本大震災チャリティ同人誌「pray for Japan」に発表している[3]

2021年10月にデビュー25周年を記念し、初の原画展「デビュー25周年記念 樋口橘原画展」を渋谷モディの7階イベントスペースにて開催[4]。同年11月から神戸マルイにてプチ原画展を日高万里と同時開催している[4]

人物編集

影響を受けた漫画家として、川原泉大島弓子藤子・F・不二雄岩館真理子を挙げている[5]

趣味編集

自画像ではの覆面をしている。もともと人形が好きで、リカちゃん人形を自分のキャラに見立てるのも好きなようである。ヒグチノクニ(下記参照)では、蜜柑と蛍用の制服を作ってもらったと書いている。クールでちょっとひねくれた子を描くのが好き。好きな食べ物はカニ、カニ味噌、ハマグリ、桃、えび、ケーキ。

作品リスト編集

書籍編集

  • スワンレイク(1999年、花とゆめ白泉社) - 全1巻
  • 手紙(1999年 - 2014年、花とゆめ) - 全1巻
  • MとNの肖像(2000年 - 2002年、花とゆめ) - 全6巻
  • 学園アリス(2002年 - 2013年[6]、花とゆめ) - 全31巻
  • アンのマゴマゴ図書之国(2014年[7] - 継続中、花とゆめ) - 既刊3巻(2015年12月現在)
  • 歌劇の国のアリス(2016年[8] - 2017年、花とゆめ) - 全3巻
  • シャンピニオンの魔女(2019年[9] - 継続中マンガPark) - 既刊3巻(2021年9月現在)

ファンブック編集

  • 学園アリス 7.5 公式ファンブック(2005年、白泉社)
  • 学園アリス 25.5 公式ファンブック(2011年、白泉社)
  • 学園アリス イラストファンブック(2007年、白泉社)
  • 学園アリス イラストファンブック -卒業-(2013年、白泉社)
  • 学園アリス絵本 ベアといっしょにあいうえお(2011年、白泉社)

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e “樋口橘”. コミックナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/comic/artist/2364 2021年10月10日閲覧。 
  2. ^ a b c d 白泉社 作家データベース 樋口橘(ひぐちたちばな) - ウェイバックマシン(2020年10月1日アーカイブ分)
  3. ^ 末次由紀らが参加したチャリティ同人誌、予約受付中”. コミックナタリー (2011年4月28日). 2017年4月8日閲覧。
  4. ^ a b “樋口橘デビュー25周年!「学園アリス」フレーム切手登場、渋谷で初の原画展も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年10月7日). https://natalie.mu/comic/news/448371 2021年10月10日閲覧。 
  5. ^ 樋口橘先生 フレッシュインタビュー
  6. ^ “「学園アリス」11年の連載に幕!3カ月連続刊行でサイン会”. コミックナタリー. (2013年6月20日). http://natalie.mu/comic/news/93209 2017年4月8日閲覧。 
  7. ^ “「学アリ」の樋口橘、極道の娘描く新連載”. コミックナタリー. (2014年8月20日). http://natalie.mu/comic/news/124058 2017年4月8日閲覧。 
  8. ^ “花ゆめでゲーム「I-アイ-」のコミカライズ連載開始、学アリスピンオフも”. コミックナタリー. (2015年12月4日). http://natalie.mu/comic/news/168082 2017年4月8日閲覧。 
  9. ^ “樋口橘の新連載は、恋と冒険と毒キノコの魔法ファンタジー!学アリグッズも”. コミックナタリー. (2019年10月18日). https://natalie.mu/comic/news/351919 2019年12月8日閲覧。 
  10. ^ “海野つなみがネームを当て書き、"世界の終末"がテーマの作品集「その日世界は終わる」”. コミックナタリー. (2018年9月13日). https://natalie.mu/comic/news/299470 2019年12月8日閲覧。 

外部リンク編集