横浜インターナショナルテニスコミュニティ

公益社団法人横浜インターナショナルテニスコミュニティ (YITC)は、横浜市中区山手町にある日本最古のテニスクラブ [1] である。

公益社団法人横浜インターナショナルテニスコミュニティ (YITC)
英語: Yokohama International Tennis Community (YITC)
前身 Ladies Lawn Tennis and Croquet Club
設立 1878年
種類 公益社団法人
法人番号 8020005001521 ウィキデータを編集
法的地位 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律
本部 神奈川県横浜市中区山手町230
ウェブサイト http://www.yitc.org/
テンプレートを表示

1878年 (明治11年)に “Ladies Lawn Tennis & Croquet Club" として発足。関東大震災第二次世界大戦を通じて存続している。戦後に外国人専用クラブから日本人の会員も入会することとなり、1964年に横浜インターナショナルテニスクラブ (YITC)へ名称を変更。その後1982年に社団法人化され、横浜インターナショナルテニスコミュニティと改称した。

創立以来、同じクレーコートを使用し、1年を通してインターナショナルダブルストーナメント、パシフィックデー、ディプロマッツデー (各国の駐日外国公館とのテニス交流)等多くの国際交流を行っている他、地域の児童、知的障がい者へのテニスレッスン等、会員による社会活動も盛んである。

2013年に内閣府所管の公益社団法人となった。

上皇上皇后天皇秋篠宮文仁親王夫妻もここでテニスを楽しまれたこともあり、皇室とのゆかりもある。東アジアで唯一のCTC [2] (世界100年超のテニスクラブの会)メンバーとなっている。

沿革

編集

活動

編集

歴代会長

編集

脚注

編集


外部リンク

編集

座標: 北緯35度26分5.7秒 東経139度38分53.9秒 / 北緯35.434917度 東経139.648306度 / 35.434917; 139.648306