橋本恭之

橋本 恭之(はしもと きょうじ、1960年 - )は、日本の財政学者、関西大学教授。

兵庫県宝塚市生まれ。1983年関西大学経済学部卒、1989年大阪大学大学院経済学研究科公共経済学博士課程満期退学、1997年「税制改革の応用一般均衡分析」で経済学博士。1989年桃山学院大学助教授、1995年関西大学経済学部助教授、1999年教授[1]

目次

著書編集

  • 『税制改革の応用一般均衡分析』関西大学出版部 1998
  • 『税制改革シミュレーション入門』税務経理協会 2001
  • 『入門財政』税務経理協会 2003
  • 『日本財政の応用一般均衡分析』清文社 2009

共編著編集

論文編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 『日本財政の応用一般均衡分析』著者紹介、外部リンク