メインメニューを開く

橋本 梧郎(はしもと ごろう、1913年 - 2008年8月26日)は、ブラジル生物学者植物学)、博物学者勲等勲五等学位名誉博士静岡県立大学)。称号小笠町名誉町民。サンパウロ博物研究会顧問。

橋本 梧郎
(はしもと ごろう)
生誕 1913年
日本の旗 日本
静岡県小笠郡小笠町
死没 2008年8月26日
ブラジルの旗 ブラジル
サンパウロ州サンパウロ市
居住 日本の旗 日本
ブラジルの旗 ブラジル
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
研究分野 生物学
研究機関 サンパウロ博物研究会
主な業績 植物標本の採集
主な受賞歴 勲五等双光旭日章
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1913年生まれ。静岡県小笠郡小笠町出身。

静岡県立掛川中学校卒業。

1934年、単身ブラジルに渡る。ブラジルの農学校を卒業して以来、博物館職員学校教師としての活動のかたわら植物採集を続けた。生涯をかけて集めた標本は10万とも15万ともいわれ、個人が所蔵する植物標本としては世界最大である。1950年、植物愛好家らを組織化しサンパウロ博物研究会を設立した。

ブラジルに帰化し、サンパウロ州サンパウロ市にて植物研究を続けていたが、2008年、多臓器不全により死去[1][2][3]

顕彰編集

菊川市の公園には、橋本の業績を顕彰するため南米植物が植栽されている。また、しずおか国際園芸博覧会(通称浜名湖花博)の「国際花の交流館」に、橋本の著書や標本を展示するブースが設置された。

栄典編集

著書編集

  • 『ブラジル産薬用植物事典』(第33回吉川英治文化賞受賞)
  • 『ブラジルの果実』
  • 『ブラジルの野菜』

脚注編集

関連項目編集