静岡県立大学

静岡県静岡市の大学

静岡県立大学(しずおかけんりつだいがく、英語: University of Shizuoka)は、日本公立大学である。静岡県静岡市に本部を置く。略称は静県大県立大県大

静岡県立大学
University of Shizuoka logo.png
UniversityOfShizuokaphoto.jpg
谷田キャンパス(現草薙キャンパス)の
モニュメント(手前)と経営情報学棟(奥)
(1993年5月2日撮影)
大学設置 1987年
創立 1916年
創立者 岩﨑照吉
学校種別 公立
設置者静岡県→)
静岡県公立大学法人
本部所在地 静岡県静岡市駿河区谷田52番1号
北緯34度59分40.92572秒 東経138度26分47.00191秒 / 北緯34.9947015889度 東経138.4463894194度 / 34.9947015889; 138.4463894194座標: 北緯34度59分40.92572秒 東経138度26分47.00191秒 / 北緯34.9947015889度 東経138.4463894194度 / 34.9947015889; 138.4463894194
キャンパス 草薙キャンパス
(静岡県静岡市)
小鹿キャンパス
(静岡県静岡市)
学部 薬学部
食品栄養科学部
国際関係学部
経営情報学部
看護学部
研究科 薬学研究院
食品栄養環境科学研究院
薬食生命科学総合学府
国際関係学研究科
経営情報イノベーション研究科
看護学研究科
ウェブサイト https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/
テンプレートを表示

概観編集

大学全体編集

 
谷田キャンパス(現草薙キャンパス)のモニュメント(手前)と大講堂の時計塔(奥)

静岡県立大学は、静岡県に設置されていた公立大学を統合し[1]、1987年(昭和62年)4月に発足した大学である[1]静岡薬科大学静岡女子大学静岡女子短期大学の3大学が統合された[1]。静岡薬科大学の起源は、1916年(大正5年)に創設された静岡女子薬学校にまで遡る[2]。そのため、静岡県立大学では1987年(昭和62年)を基準に「創立○周年」と称しているが、同時に、1916年(大正5年)から通算して「創基○周年」とも称している[3]

創立のきっかけは、1982年(昭和57年)6月の静岡県議会本会議にて、静岡薬科大学、静岡女子大学、静岡女子短期大学の見直しが議論されたことだった[4]。同年9月に県立大学問題協議会が発足し[4]、有識者による検討が重ねられた[4]。その結果、21世紀を見据えて時代の要請に応じた学部・学科を設置し、地域社会の指導層を育成するとともに開かれた大学として県民の負託に応えるべき、とする答申がなされた[4]。これを受け、静岡県立大学建設準備委員会が発足し[4]、静岡薬科大学、静岡女子大学、静岡女子短期大学を統合した新大学の構想を1984年(昭和59年)10月に発表した[4]。その結果、静岡県立大学は、高齢化・国際化・情報化といった時代の変化に対応し[4]、社会の要請に応えうる優れた人材の育成を目指す大学として発足した[4]。また、公立大学の使命として、地域社会に寄与する人材の育成や教育・研究成果の地域への還元などを通じて[4]、地域文化の拠点たる大学を目指すことになった[4]

静岡県立大学の設置者静岡県公立大学法人である。なお、同法人は、小鹿キャンパスに静岡県立大学短期大学部も設置している。

また、静岡市駿河区には静岡大学も所在しているが、静岡大学の英称は「Shizuoka University」であり、本学の英称「University of Shizuoka」と混同しないよう注意を要する。さらに、一部の案内標識等では「Shizuoka Prefectural University」との表記も散見される。

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

理念
「県民の誇りとなる価値ある大学」[5] の実現のため、5つの条項からなる「大学の理念」を制定している[5]
「大学の理念」の中では、弛みない発展、卓越した教育、学術性の高い研究、学生生活の質の重視、存在価値の向上、地域社会との協働、などの実現を掲げている[5]
目標
上記の理念の実現に向け、教育、研究、地域貢献、国際交流の4分野で、「大学の目標」を定めている。この目標の達成に向け、学術的資源や人的資源を活用した体制の確立を目指すとしている[5]

教育および研究編集

 
谷田キャンパス(現草薙キャンパス)の国際関係学棟(左手前)、経営情報学棟(左奥)、大講堂(中央奥)、看護学棟(右奥)、薬学棟(右手前)
 
草薙キャンパスの食品栄養科学棟(奥左)、薬学棟(奥中央)、看護学棟(奥右)、芝生園地(手前)
 
草薙キャンパスの航空写真

1987年(昭和62年)の開学と同時に薬学部食品栄養科学部国際関係学部経営情報学部を設置し[4]、1997年(平成9年)に看護学部を設置した[4]。国際関係学部や経営情報学部の設置は、日本の国公立大学としては史上初めてである[6][注 1]。また、食品栄養科学部の設置は、日本の大学全体でみても史上初めてである。

国際関係学部では特色ある国際関係学が教育・研究されている。グローバル化に対応するため[7]、多様な言語、政治、経済、文化などを理解・尊重し[7]、国際社会において幅広く活躍できる人材を育成するとしている[7]。なお、国際関係学部の「国際関係」とは、狭義の国家間関係に限定せず[6]、非国家主体の超領域的な関係なども含めた広義の国際関係を構想し[6]、教育・研究体制を構築している。発足時には国際関係学科国際言語文化学科教養科により構成されていたが[8]大学設置基準改正に端を発した教養教育の見直しにより教養科は廃止された[9]。なお、国際関係学科は、静岡女子大学の文学部に設置されていた国文学科の流れを汲んでいる[10]。同様に、国際言語文化学科は、静岡女子大学の文学部に設置されていた英文学科の流れを汲んでいる[10]。国際関係学部、大学院国際関係学研究科での教育・研究のみならず、附置された附属現代韓国朝鮮研究センターでも研究がなされている。ここでは学部の垣根を越えて朝鮮半島問題について学際的に研究しており、研究者や研究成果がマスメディア等で取り上げられることも多い。同様の機関として、ヨーロッパを研究対象の中心に据えた附属広域ヨーロッパ研究センターや、グローバル教育を実施する附属グローバル・スタディーズ研究センターが設置されている。

経営情報学部では、一般的な経営情報学部と異なり、経営に加え会計や公共政策を含む経営学、情報処理や情報通信などの情報学だけでなく、数理やモデルといった数学も教育・研究している[11]。これは初代学部長である林周二の構想を発端とする[12]。林は1985年(昭和60年)に初代学部長予定者に選任されると[12]、私立大学に設置された既存の経営情報学部や経営情報学科を徹底的に調査したうえで[12]、新時代に求められる教育体系構想として「林メモ」を取り纏めた[12]。この文書において、林は既存の経営情報学部や経営情報学科が従来の経営学部商学部の枠に囚われ過ぎていると指摘し[12]、積極的な意義づけに乏しいと喝破した[12]。そのうえで、経営情報学部開設にあたり経営・会計(Administration and Accounting)、数理・モデル(Mathematics and Model-building)、情報処理・情報通信(Computer and Communication)のA・M・Cを核とした多分野融合教育を提唱した[12]。この林の構想が経営情報学部の理念として継承されている[12]。発足時より経営情報学科の一学科のみにより構成されている。また、経営情報学部、大学院経営情報イノベーション研究科に附置された附属地域経営研究センターや附属医療経営研究センター、および、サテライトキャンパスでの社会人教育などに力を入れている。『サンデー毎日』による2015年(平成27年)の実就職率ランキングでは商・経営系で1位になるなど[13]、経営情報学部の就職率は高水準に位置している[14]

食品栄養科学部は「人の生命現象に深く関わりを持ち、食品科学栄養科学を連携させた『食と健康』の学問を幅広い分野から探究する学際的な教育・研究を行う新しいタイプの学部」[15]とされている。初代学部長の星猛は、食品学に関わりの深い学問として生物学分野から遺伝子工学農学分野から農芸化学化学分野から分析化学工学分野から生産工学薬学分野から衛生学などを挙げるとともに[15]栄養学に関わりの深い学問として生物学分野から細胞生物学生化学分野から病態生化学生理学分野から臨床生理学、病理学分野から細菌学免疫学などを挙げており[15]、これらの食と健康に関わる分野を総合的に探究する学問を食品栄養科学と位置づけている[15]。発足時には食品学科栄養学科が設置されていたが、のちにそれぞれ食品生命科学科栄養生命科学科に改称された。さらに大学直属の附置機関であった環境科学研究所が発展的に解消され、環境生命科学科が設置された。なお、栄養学科については、静岡女子大学の家政学部に設置されていた食物学科の流れを汲んでいる[10]。また、食品学科においても、この静岡女子大学の食物学科の一部が受け継がれている[10]。一方、環境生命科学科の母体となった環境科学研究所の起源は、静岡薬科大学の環境科学研究所に遡る[16]。静岡薬科大学の環境科学研究所は、静岡県立大学の薬学部の下で附属環境科学研究施設となり[16]、大学院生活健康科学研究科に移管されたのち[16]、大学直属の附置機関に昇格し環境科学研究所となった[16]

薬学部は、医療に貢献し倫理観を備えた薬剤師の養成や[17]、創薬科学や生命科学の研究者や高度専門職業人の育成を図っている[17]。発足時には薬学科製薬学科が設置されていたが、薬学教育の見直しにより4年制の薬科学科と6年制の薬学科に再編された[18]。薬科学科では薬学関連分野の高度な専門性を備えた薬学研究者などを育成するのに対して[18]、薬学科では高度な専門知識を備えた薬剤師や医療薬学研究者などを育成している[18]。附属薬学教育・研究センターは静岡県立総合病院の循環器病センター内に設置されており[19]、実務実習や臨床研究などが行われている[19]。なお、薬学部は、静岡薬科大学の薬学部の流れを汲んでいる。

大学院においては、日本の公立大学として初めて研究院・学府制が導入された[20]。それに伴い、従来の薬学研究科と生活健康科学研究科の2研究科を統合し、教育部門を薬食生命科学総合学府として1学府に集約するとともに[20]、研究部門を薬学研究院食品栄養環境科学研究院の2研究院に再編した[20]。大学院において薬学と食品栄養科学、環境科学を統合した教育部門は世界で唯一となる。薬食生命科学総合学府では、健康を増進し疾病を食い止めるなど生活の質を維持した健康長寿の実現こそが超高齢化社会における重要な課題であると位置づけている[21]。その課題を解決するため、従来の薬学や食品栄養科学にとどまらず[22]、薬食同源や食薬融合を意識した薬食連携を図り薬食生命科学の確立を目指している[22]

沿革編集

 
静岡薬科大学の航空写真(1983年)。のちの静岡県立大学小鹿キャンパス。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成
 
静岡女子短期大学の航空写真(1983年)。のちの静岡県立大学浜松キャンパス。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成
 
静岡総合研究機構が所在したもくせい会館の航空写真(1988年)。のちの静岡県立大学グローバル地域センター。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

略歴編集

静岡県立大学は、静岡薬科大学、静岡女子大学、静岡女子短期大学の3大学を改組・統合し、1987年(昭和62年)に発足した大学である。2007年(平成19年)4月には、設置者が「静岡県」から「静岡県公立大学法人」に変更された。2012年(平成24年)4月には、財団法人である静岡総合研究機構の機能を継承・統合した。

年表編集

  • 1986年12月 文部大臣が大学の設置を認可。
  • 1987年4月 開学。
  • 1987年4月 初代学長に内薗耕二を任命。
  • 1988年3月 大学院薬学研究科(博士前期・後期課程)の設置を認可。
  • 1989年3月 谷田キャンパス校舎完成。
  • 1991年3月 大学院生活健康科学研究科(博士前期課程)、国際関係学研究科(修士課程)の設置を認可。
  • 1993年4月 第2代学長に星猛を任命。
  • 1995年3月 大学院生活健康科学研究科(博士後期課程)の設置を認可。
  • 1996年12月 看護学部、短期大学部歯科衛生学科、社会福祉学科の設置を認可。
  • 1997年4月 環境科学研究所を設置。
  • 1997年5月 創立10周年記念式典開催。
  • 1997年12月 大学院経営情報学研究科(修士課程)の設置を認可。
  • 1999年4月 第3代学長に廣部雅昭を任命。
  • 2000年4月 静岡県立厚生保育専門学校の証明事務を継承。
  • 2000年12月 大学院看護学研究科(修士課程)の設置を認可。
  • 2001年12月 大学院薬学研究科医療薬学専攻の設置を認可。
  • 2001年4月 安川・平山論争が起こる。
  • 2002年 都市エリア産学官連携促進事業に1件採択。
  • 2003年1月 現代韓国朝鮮研究センター設置。
  • 2004年4月 創薬探索センター、地域経営研究センター設置。
  • 2004年 21世紀COEプログラムに1件採択。
  • 2005年4月 第4代学長に西垣克を任命。
  • 2005年4月 健康支援センター、情報センター、地域環境啓発センター設置。
  • 2005年 都市エリア産学官連携促進事業に1件採択。
  • 2006年3月 静岡県議会2月定例会にて公立大学法人定款案及び評価委員会設置条例案承認。
  • 2006年4月 薬学部薬学科を6年制に移行(製薬学科廃止)、4年制学科の薬科学科を設置。
  • 2007年3月 学生にセクシャルハラスメント行為をした国際関係学部助教授を懲戒免職
  • 2007年4月 本学の設置者が静岡県から静岡県公立大学法人に変更。
  • 2007年4月 言語コミュニケーション研究センター設置。
  • 2007年6月 グローバルCOEプログラムに1件採択。
  • 2008年6月 産学官連携戦略展開事業に1件採択。
  • 2009年2月 病気療養による西垣克の学長退任にともない、学長代行に木苗直秀を任命。
  • 2009年3月 第5代学長に木苗直秀を任命。
  • 2010年6月 大学院経営情報イノベーション研究科(修士課程)の設置を受理。
  • 2010年10月 大学院経営情報イノベーション研究科(博士後期課程)の設置を認可。
  • 2011年4月 大学院経営情報イノベーション研究科設置。
  • 2012年4月 大学院薬学研究院、食品栄養環境科学研究院、薬食生命科学総合学府設置。
  • 2012年4月 グローバル地域センター設置。
  • 2014年4月 食品栄養科学部に環境生命科学科設置。
  • 2016年度 生活健康科学研究科を廃止[23][24][25][26]
  • 2020年3月 薬学研究科を廃止[27]
静岡県立大学学長
氏名 就任日 退任日 主要な経歴 備考
1   内薗耕二 1987年4月1日 1993年3月31日 静岡女子大学学長  
2   星猛 1993年4月1日 1999年3月31日 静岡県立大学食品栄養科学部学部長  
3   廣部雅昭 1999年4月1日 2005年3月31日 東京大学薬学部学部長  
4   西垣克 2005年4月1日 2009年1月31日 日本福祉大学執行役員  
-   木苗直秀 2009年2月1日 2009年3月9日 静岡県立大学副学長 (学長代行)
5   木苗直秀 2009年3月10日 2015年3月31日 静岡県立大学学長代行  
6   鬼頭宏 2015年4月1日 2021年3月31日 上智大学研究機構常設研究部門部門長  
7   尾池和夫 2021年4月1日 (現職) 京都大学総長  

基礎データ編集

 
谷田キャンパス(現草薙キャンパス)の食品栄養科学棟(左)、薬学棟(中央)、看護学部棟(右)、芝生園地(手前)

所在地編集

  • 草薙キャンパス(静岡県静岡市駿河区谷田52番1号)
  • 小鹿キャンパス(静岡県静岡市駿河区小鹿2丁目2番1号)

校章編集

校章は、富士山と羽ばたく若鳥をイメージしている[28]

校歌編集

校歌は、小川国夫作詞三善晃作曲の『わが夢を超えて』があり[28]、入学式などの行事の際、コーラス部部員等によって歌われる。

教育および研究編集

組織編集

学部編集

 
谷田キャンパス(現草薙キャンパス)の航空写真(2009年)。半円形の広場「コミュニティプラザ」と細長い広場「ユニバーシティプラザ」を中心に各校舎が配置され、全体としてシンメトリーな構成となっている。正門(写真下部)から見て左側に管理棟(現はばたき棟)、一般教育棟、国際関係学棟、経営情報学棟、右側に食品栄養科学棟、薬学棟、環境科学棟(現食品栄養科学二号棟)、看護学棟、奥に学生ホール、講堂、図書館などが建ち並ぶ
 
静岡女子大学の航空写真(1983年)。のちの静岡県立大学草薙キャンパス。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成
 
薬学部附属薬草園の航空写真(2009年5月1日)

大学院編集

短期大学部編集

附属機関編集

図書館編集
  • 附属図書館[29]
  • 短期大学部附属図書館[29]
大学附置機関編集
  • 健康支援センター[29]
  • 情報センター[29]
  • 言語コミュニケーション研究センター[29]
  • 男女共同参画推進センター[29]
  • グローバル地域センター[29]
  • 「ふじのくに」未来共育センター[29]
学部・研究科・研究院附置機関編集
  • 薬学部
  • 看護学部
    • 附属看護実践教育研究センター[29]
  • 大学院薬学研究院
    • 附属創薬探索センター[29]
    • 附属薬食研究推進センター[29]
  • 大学院食品栄養環境科学研究院
  • 大学院国際関係学研究科
    • 附属現代韓国朝鮮研究センター[29]
    • 附属広域ヨーロッパ研究センター[29]
    • 附属グローバル・スタディーズ研究センター[29]
  • 大学院経営情報イノベーション研究科
    • 附属地域経営研究センター[29]
    • 附属医療経営研究センター[29]
    • 附属ICTイノベーション研究センター[29]
    • 附属ツーリズム研究センター[29]

研究編集

21世紀COEプログラムとして、1件のプロジェクトが採択されている。

  • 2004年
    学際複合・新領域系
    先導的健康長寿学術研究推進拠点
生活健康科学研究科、薬学研究科を中心として研究が行われた。独立行政法人日本学術振興会21世紀COEプログラム委員会の中間評価では、「当初計画は順調に実施に移され、現行の努力を継続することによって目的達成が可能と評価される。」[40] との総括評価がなされた。21世紀COEプログラム委員会の事後評価では「設定された目的は概ね達成され、期待どおりの成果があった」[41] との総括評価がなされた。

グローバルCOEプログラム編集

グローバルCOEプログラムとして、1件のプロジェクトが採択されている。

  • 2007年
    学際・複合・新領域系
    健康長寿科学教育研究の戦略的新展開
生活健康科学研究科、薬学研究科を中心として研究が行われている。このプロジェクトの一環として、大学院への生命科学総合学府の新設、および、健康長寿科学専攻(博士後期課程)の開設を目指すとしている[42][43]

都市エリア産学官連携促進事業編集

都市エリア産学官連携促進事業として、2件のプロジェクトが採択されている。

静岡県庁、静岡市役所、焼津市役所が文部科学省科学技術・学術政策局に提案したプロジェクトであり、財団法人しずおか産業創造機構が「中核機関」として指定され、静岡県立大学、静岡大学、静岡県工業技術研究所、東海大学が「核となる大学、公的研究機関」として指定されている[44]。各研究機関の研究成果に基づき、食品素材の機能性や複合的効果の解明と評価法確立を実現することで、健康関連産業の発展と健康長寿社会の実現への貢献を目指した。文部科学省の事後評価では「目標として掲げている産学官連携基盤の構築及び共同研究事業の成果による本地域の活性化については(中略)概ね達成できている」[45] との総括評価がなされた。
  • 2005年
    ライフサイエンス
    静岡中部エリア
    心身ストレスに起因する生活習慣病の克服をめざしたフードサイエンスビジネスの創出
静岡県庁、静岡市役所、焼津市役所が文部科学省科学技術・学術政策局に提案したプロジェクトであり、財団法人しずおか産業創造機構が「中核機関」として指定され、静岡県立大学、静岡大学、静岡県静岡工業技術センターが「核となる大学、公的研究機関」として指定されている[46]。病態解析技術、抗ストレス素材、応用製品生産技術の開発を通じ、新たな食品、医薬品、化学製品を創出し事業化することを目指している。

産学官連携戦略展開事業編集

産学官連携戦略展開事業として、1件のプロジェクトが採択されている。

  • 2008年
    知的財産活動基盤
    知的財産の活用による産学官連携の推進体制の整備と戦略的事業展開
静岡県立大学が文部科学省研究振興局に提案し、採択されたプロジェクトであり、静岡県立大学が「実施機関」として指定され、静岡大学が「連携機関」として参画する[47]

教育編集

社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム編集

社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラムとして、2件のプロジェクトが採択されている。

  • 2007年
    離退職保育・看護資格保有者のキャリアアップのための「HPS」養成教育プロジェクト
社会福祉学科を中心として教育が行われている。退職した保育士看護師に対しホスピタル・プレイ・スペシャリスト育成用の専門教育を行い、高度な小児医療の知識を持った保育士や看護師の復職を促している[48][49]
なお「HPS」とは「Hospital play specialist」の略である[50]
  • 2008年
    医療
    地域‐大学連携による地域医療ニーズに対応した薬剤師リカレント学習支援プログラム
薬学部を中心として教育が行われている。現職、および離職・退職した薬剤師に対するリカレント学習への支援を通じて、高度な専門性や高い臨床能力を持つ薬剤師の育成を図っている[51]名古屋市立大学岐阜薬科大学、静岡県立大学の3大学共同でのプログラムであり、東海地方を中心に地域医療の向上を目指している[51]

大学教育推進プログラム編集

大学教育推進プログラムとして、2件のプロジェクトが採択されている。

  • 2009年
    体系的なHPS養成教育プログラムの開発
社会福祉学科を中心として教育が行われている。ホスピタル・プレイ・スペシャリストの育成に関する教育課程を体系化し、より高度で洗練された教育の実現を目指している[52]。経営情報学部の遠隔講義システムを応用し、小鹿キャンパスと川崎医療短期大学など他大学とを回線で結ぶことで、他の大学の構内に居ながらにして小鹿キャンパスのHPSの講義を受講できる双方向システムを構築した[53]
  • 2010年
    フィールドワーク型初年次教育モデルの構築
国際関係学部を中心として教育が行われている。1回生を対象に、日本国外をも対象に含むフィールドワークを行うとともに、実施後の影響や効果について検証する取り組みを行っている[54][55]

戦略的大学連携支援事業編集

戦略的大学連携支援事業として、2件のプロジェクトが採択されている。

  • 2008年
    総合的連携型(広域型)
    6年制薬学教育を主軸とする薬系・医系・看護系大学による広域総合教育連携
薬系、医系、看護系の学部を持つ東海地方の大学11校(名古屋市立大学浜松医科大学三重大学岐阜薬科大学、静岡県立大学、愛知医科大学愛知学院大学金城学院大学藤田保健衛生大学名城大学鈴鹿医療科学大学)が文部科学省高等教育局に共同提案し、採択されたプロジェクトである[56]。東海地方の全ての薬系大学が連携して「東海臨床薬学教育連携センター」を設置し、医系・看護系大学がそれに参画することで、薬剤師など優れた医療人の育成を目指している[57]
  • 2008年
    教育研究高度化型
    静岡県国公私大学連携による地域を担う人材育成のための大学院教育プログラムの開発
静岡大学、静岡県立大学、静岡産業大学が文部科学省高等教育局に共同提案し、採択されたプロジェクトである[56]。3校が協力して大学院「グローバル公共経営研究科」を設置し、国際経営分野と公共経営分野に特化した教育の実施を目指している[58]

学生生活編集

学園祭編集

剣祭編集

草薙キャンパスの学園祭は「剣祭」と呼ばれている。学園祭の名称は、近隣にある草薙神社に対し日本武尊が「草薙剣」を奉った故事から採られている。

剣祭は、「剣祭実行委員会」と呼ばれる学内の団体によって企画・運営がなされている。

橘花祭編集

小鹿キャンパスの学園祭は「橘花祭」と呼ばれている。

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

 
静岡女子薬学校の本館(1930年竣工)
  • 静岡県立大学連合学友会は「はばたきの会」と称し、2006年10月、剣祭開会式に併せ設立された。既存の学部単位同窓会等、各組織の上部組織と位置づけられている。在学生、卒業生、教職員の交流を図るため種々の活動を実施するとともに、大学の発展を目指し寄附を募っている。
  • 同窓会は、関連する学部および研究科単位に設置されている。「静薬学友会」(静岡県立大学薬学部、大学院薬学研究科、旧静岡薬科大学、旧静岡薬学専門学校、旧静岡女子薬学専門学校、旧静岡女子薬学校)、「創星会」(食品栄養科学部、大学院生活健康科学研究科食品栄養科学専攻)、「静岡県立大学国際関係学部・研究科同窓会」(国際関係学部、国際関係学研究科)、「経情会」(経営情報学部、経営情報学研究科、経営イノベーション研究科)、「静岡県大看護同窓会」(看護学部、大学院看護学研究科)、「おおとり会」(旧静岡女子大学、旧静岡女子短期大学)と称し、それぞれが活動を行っている。
  • 静岡県立大学の教職員や卒業生など関係者らからの寄附金により「はばたき寄金」が発足し、静岡県立大学はばたき寄金運営委員会が管理している[59]。はばたき寄金は設立目的として「世界にはばたく人づくり」[60]「外国大学との交流」[60]「本学の学術・文化等の発展、向上に努めた学生・教職員への顕彰」[60]の3つを掲げており、その一環として「はばたき賞」が設立された。はばたき賞は、顕著な業績を挙げた学生、院生、教職員や各学科の成績優良卒業生などに対して、学長から授与されている[61]。なお、はばたき賞以外にも、学部や研究科ごとに独自の顕彰制度があり、薬学部には「岩崎賞」[62]、大学院生活健康科学研究科環境物質科学専攻には「相馬賞」[63]が設立されている。

大学関係者一覧編集

施設編集

キャンパス編集

草薙キャンパス編集

 
校舎建設中の谷田キャンパスの航空写真(1988年)。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成
 
ツツジツタに覆われている谷田キャンパス(現草薙キャンパス)の一般教育棟(手前)、国際関係学棟(中)、経営情報学棟(奥)
  • 使用学部:薬学部、食品栄養科学部、国際関係学部、経営情報学部、看護学部
  • 使用研究科:大学院国際関係学研究科、経営情報イノベーション研究科、看護学研究科
  • 使用研究院:大学院薬学研究院、食品栄養環境科学研究院
  • 使用学府:大学院薬食生命科学総合学府
  • 使用附属施設:環境科学研究所、漢方薬研究施設、総合研究センター、創薬探索センター、現代韓国朝鮮研究センター、地域経営研究センター、医療経営研究センター、地域環境啓発センター、言語コミュニケーション研究センター、健康支援センター、情報センター、キャリア支援センター、附属図書館、薬草園
  • 使用その他機関:静岡県公立大学法人本部、事務局
  • 交通アクセス:JR東海道本線草薙駅静岡鉄道静岡清水線草薙駅県立美術館前駅

草薙キャンパス内にはツツジが多く植えられている。これはツツジが静岡県の県木であることに因む。ツツジが開花する季節になるとキャンパス内で一斉に咲く。キャンパス内にはサクラも多く植えられており、キャンパス内の芝生園地は桜の名所としても知られている。また、鈴木梅太郎の胸像や顕彰碑が建立されている。静岡県出身でビタミンB1を発見した文化勲章受章者の鈴木の功績を称えるためである。附属図書館には、写真家岡村昭彦を顕彰する岡村文庫が併設されている[64]

草薙キャンパスの設計は、日本大学理工学部教授小林美夫が主宰する「株式会社アトリエ・K」と株式会社日本総合建築事務所の作品が採用された。校舎は全てレンガ造りを採用し、ナヴォーナ広場を模した[65][66]広場を中心に、校舎群が左右対称に立ち並んでいる[67]。レンガが使用されたのは、時が経つにつれ建築物の表情に味わいが出るためとされる。構内の設計・建築に対する評価は高く、社団法人建築業協会から第32回BCS賞を授与されている[68]。また、映画コマーシャルメッセージなどのロケ地としても使用されている。

在学生同士が婚姻した際、キャンパス内で結婚式が行われたことがある[69]。レンガ造りのキャンパス内に赤絨毯を敷き、モニュメント前の広場にて挙式された。様式は人前式である。なお、通常の列席者に混じり教職員も参加し学長が立会人を務めるなど、大学当局公認で行われた。

大学設置以来「谷田キャンパス」と呼ばれていたが、2017年4月1日に「草薙キャンパス」に改称された[70]。また、大学の設置者である静岡県公立大学法人の本部、事務局についても、かつては小鹿キャンパスに設置されていたが、2015年11月25日に谷田キャンパスに移転した。なお、登記上は2016年4月1日付で法人の住所を小鹿から谷田に変更している。

小鹿キャンパス編集

 
小鹿キャンパスの教育棟(右)、事務・厚生・図書館棟(左)
  • 使用学部:看護学部、短期大学部 歯科衛生学科、社会福祉学科、こども学科
  • 使用研究科:大学院看護学研究科
  • 使用附属施設:短期大学部附属図書館
  • 交通アクセス:JR東海道本線・東海道新幹線静岡駅

主に短期大学部の講義や実習に使用されている。また、看護学部、大学院看護学研究科は、かつては谷田キャンパスに主要な機能が置かれていたが、のちに小鹿キャンパスに移転した。なお、2015年11月24日までは、大学の設置者である静岡県公立大学法人の本部、事務局など主要な機能が置かれていた。

旧浜松キャンパス編集

  • 使用学部:(短期大学部文化教養学科、食品栄養学科)
  • 使用研究科:(なし)
  • 使用附属施設:(短期大学部浜松校附属図書館)
  • 交通アクセス:(JR東海道本線・東海道新幹線浜松駅遠州鉄道鉄道線新浜松駅

主に短期大学部の講義や実習に使用されていた。静岡県により浜松市静岡文化芸術大学が設置され、同時に静岡県立大学短期大学部浜松校(文化教養学科、食品栄養学科)が廃止された。短期大学部浜松校附属図書館の蔵書は静岡文化芸術大学に引き継がれ、浜松キャンパスの敷地と校舎は浜松学院大学が居抜きで使用している。

北安東教育・研究センター編集

  • 使用学部:薬学部
  • 使用研究科:大学院薬学研究科
  • 使用附属施設:薬学教育・研究センター
  • 交通アクセス:JR東海道本線・東海道新幹線静岡駅、静岡鉄道静岡清水線新静岡駅

主に薬学部や大学院薬学研究科の実習に使用されている。静岡県立総合病院(葵区北安東四丁目)の敷地内に設置されており、同院と協力して医療薬学関連の臨床実習などが行われている。薬学部の一部の研究室を谷田キャンパスから北安東教育・研究センターに移転させる計画が進んでおり、2008年度に臨床系の研究室が移設された。

対外関係編集

地方自治体との協定編集

  • 防災教育および防災研究の振興並びに防災対策の発展に係る協力に関する協定(2008年締結)
  • 研究分野での連携協定(2009年締結)

他大学との協定編集

関係校編集

他機関との協定編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 学類としては、筑波大学が1983年に国際関係学類を設置している。
  2. ^ のちに浙江大学に改組された。
  3. ^ a b c d のちに 静岡県工業技術研究所 に改組された。

出典編集

  1. ^ a b c 「静岡県立大学の主な動き」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、38頁。
  2. ^ 賀川義之「これからの未来にむけて」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、45頁。
  3. ^ 「静薬創立(静岡県立大学創基)100周年」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、44頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 「静岡県立大学開設の経緯と30年の経緯」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、39頁。
  5. ^ a b c d 理念と目標:静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学、2007年7月26日。
  6. ^ a b c 富沢寿勇「これからの未来にむけて」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、53頁。
  7. ^ a b c 「教育理念」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、50頁。
  8. ^ 「創立時の編成」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、51頁。
  9. ^ 「学部の再編」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、51頁。
  10. ^ a b c d 岩本陽子「おおとり会は“今”」『おおとり会だより』おおとり会、1987年11月28日、3頁。
  11. ^ 「文理融合型教育システム」『静岡県立大学経営情報学部 -経営情報学部とは』静岡県立大学経営情報学部。
  12. ^ a b c d e f g h 松浦博「これからの未来にむけて」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、57頁。
  13. ^ 「デフレ不況の中でも高い就職率」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、55頁。
  14. ^ サンデー毎日8月12日号(2012年就職特集第3弾学部系統別就職率ランキング)
  15. ^ a b c d 「食と健康を科学し、持続可能社会へ貢献する健康長寿科学の拠点としての歩み」『はばたき』128号、静岡県立大学広報委員会、2015年3月1日、4頁。
  16. ^ a b c d 「環境科学研究所の沿革」『環境科学研究所・大学院環境物質科学専攻年報』2008年版、静岡県立大学環境科学研究所、2009年3月24日、4頁。
  17. ^ a b 「教育方針」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、42頁。
  18. ^ a b c 「カリキュラムの変更――薬学的思考力と倫理観を備えた創造性豊かな人材の育成を目指して」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、44頁。
  19. ^ a b 「薬学教育・研究センター」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、43頁。
  20. ^ a b c 「県立大大学院に『学府』新設へ――薬食融合の教育強化」『県立大大学院に「学府」新設へ 薬食融合の教育強化 | ニュース | @S[アットエス] | 静岡新聞SBS静岡新聞社静岡放送、2011年6月2日。
  21. ^ 「学府の概要」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、66頁。
  22. ^ a b 「学びの特色」静岡県立大学創立30周年記念事業実行委員会編集『静岡県立大学創立30周年記念誌』静岡県立大学、2017年9月、66頁。
  23. ^ 静岡県『平成27事業年度に係る業務の実績に関する報告書』2頁。
  24. ^ 静岡県『平成27事業年度に係る業務の実績に関する報告書』92頁。
  25. ^ 静岡県『平成28事業年度に係る業務の実績に関する報告書』2頁。
  26. ^ 静岡県『平成28事業年度に係る業務の実績に関する報告書』98頁。
  27. ^ 静岡県立大学・静岡県立大学短期大学部『ファクトブック』2020年8月、2頁。
  28. ^ a b 校章・校歌:静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf 「組織図」『組織 | 大学案内 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学、2022年4月1日。
  30. ^ 「創薬科学者への道を開く」『学科紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  31. ^ 「薬剤師・医療薬学研究者を目指す」『学科紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  32. ^ 「博士課程」『専攻紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  33. ^ 「博士前期・後期課程」『専攻紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  34. ^ 「博士後期課程」『専攻紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  35. ^ 「博士前期・後期課程」『専攻紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  36. ^ 「博士前期・後期課程」『専攻紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  37. ^ 「専攻及び学位の名称」『専攻紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  38. ^ 「専門分野の研究概要」『専攻紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学、2022年4月1日。
  39. ^ 「担当教員の研究概要」『専攻紹介 | 学部・大学院・短期大学部 | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学、2022年4月1日。
  40. ^ 「21世紀COEプログラム」(平成14年度採択) 中間評価結果表』。
  41. ^ 21世紀COEプログラム平成14年度採択拠点事業結果報告書』。
  42. ^ 静岡県立大学「グローバルCOEプログラム」』。
  43. ^ (新設予定)薬食生命科学総合学府:静岡県公立大学法人 グローバルCOEプログラム』静岡県立大学グローバルCOEプログラム事業推進拠点事務局。
  44. ^ 文部科学省「都市エリア産学官連携促進事業――平成14年度事業開始地域一覧表」『都市エリア産学官連携促進事業 平成14年度事業開始地域一覧表-文部科学省文部科学省2005年7月12日
  45. ^ 各地域の評価結果』。
  46. ^ 文部科学省「都市エリア産学官連携促進事業(発展型)採択提案一覧表」『都市エリア産学官連携促進事業(発展型)の採択結果について [別添2]-文部科学省文部科学省2005年4月5日
  47. ^ 「『産学官連携戦略展開事業(戦略展開プログラム)』実施機関一覧」『「産学官連携戦略展開事業」の実施について 「産学官連携戦略展開事業(戦略展開プログラム)」の実施について 「産学官連携戦略展開事業(戦略展開プログラム)」実施機関一覧-文部科学省文部科学省2008年6月23日
  48. ^ 「プロジェクトの目的」『プロジェクトの目的静岡県立大学短期大学部
  49. ^ 文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室「平成19年度『社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム』選定事業概要」『平成19年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」の選定結果について 2.平成19年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」選定事業一覧 離退職保育・看護資格保有者のキャリアアップのための「HPS」養成教育プロジェクト-文部科学省文部科学省2007年7月26日
  50. ^ 「ホススピタルプレイスペシャリスト(HPS)とは」『HPSとは静岡県立大学短期大学部
  51. ^ a b 文部科学省高等教育局専門教育課「平成20年度『社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム』委託事業概要」『平成20年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」の選定結果について 平成20年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」選定事業一覧 平成20年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」委託事業概要 地域―大学連携による地域医療ニーズに対応した薬剤師リカレント学習支援プログラム-文部科学省文部科学省2008年9月1日
  52. ^ 平成21年度大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム選定取組一覧』。
  53. ^ 「HPS養成講義、県外大学に配信へ――県立大短大」『静岡社会:HPS養成講義、県外大学に配信へ 県立大短大静岡新聞2010年2月6日
  54. ^ 平成22年度大学教育・学生支援推進事業大学教育推進プログラム選定取組の概要(大学)』。
  55. ^ 「国の支援受け県立大が新教育――静岡」『国の支援受け県立大が新教育 静岡 - MSN産経ニュース産経デジタル2010年9月2日
  56. ^ a b 文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室改革支援第二係「平成20年度『戦略的大学連携支援事業』選定状況一覧」『平成20年度「戦略的大学連携支援事業」の選定状況について 平成20年度「戦略的大学連携支援事業」選定状況-文部科学省文部科学省2008年8月19日
  57. ^ 6年制薬学教育を主軸とする薬系・医系・看護系大学による広域総合教育連携』。
  58. ^ 平成20年度文部科学省戦略的大学連携事業――静岡県国公私立大学連携による地域を担う人材育成のための大学院教育プログラムの共同開発』。
  59. ^ 静岡県立大学はばたき寄金運営委員会規約第3条。
  60. ^ a b c 「はなたき寄金とは」『はばたき寄金の概要:静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  61. ^ 竹石桂一「食品栄養科学部の動き」『はばたき』73巻、静岡県立大学企画情報スタッフ、2000年9月、4頁。
  62. ^ 「特徴は何ですか?」『静岡県立大学薬学部』静岡県立大学薬学部。
  63. ^ 「相馬賞の制定と相馬賞の贈呈」『生活健康科学研究科・環境物質科学専攻/大学院生学会発表/トピックス』静岡県立大学大学院生活健康科学研究科環境物質科学専攻。
  64. ^ 「ファット副議長からの手紙を初公開=ベトナム戦争報道の岡村昭彦展-静岡県立大」『時事ドットコム:ファット副議長からの手紙を初公開=ベトナム戦争報道の岡村昭彦展-静岡県立大時事通信社2009年10月30日
  65. ^ 『静岡県立大学総合案内2007-2008』静岡県公立大学法人・静岡県立大学、66頁。
  66. ^ 16.静岡県立大学」。
  67. ^ NOBU「静岡県立大学」『静岡県立大学 University of Shizuoka2007年11月20日
  68. ^ 「第32回受賞作品(1991年)」『BCS賞』建築業協会。
  69. ^ 「学内で結婚式」『はばたき』71巻、静岡県立大学広報誌編集会議、2000年3月、16頁。
  70. ^ http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/news/20170327b/

公式サイト編集