メインメニューを開く

2代 橋本 萬右衛門(はしもと まんうえもん、1892年明治25年)6月5日[1] - 1950年昭和25年)12月27日[1])は、日本の実業家政治家貴族院議員参議院議員(2期)。幼名・鉄吉[1][2]

経歴編集

福島県安積郡郡山町(現郡山市)で、先代萬右衛門の長男として生まれる[1][2]。橋本合名会社、北日本商会など各社長、日本赤十字社本社、帝都高速度交通営団各評議員、郡山商工会議所会頭、郡山開成学園理事長、郡山ロータリークラブ会長などを歴任する。1946年貴族院多額納税者議員に選出される。翌1947年貴族院廃止とともに第1回参議院議員通常選挙福島地方区から民主党公認で立候補して初当選。続く1950年第2回参議院議員通常選挙でも再選された。しかし、同年12月27日に死去した。

著作編集

  • 述『郡山の今昔を語る』己亥会、1941年。

脚注編集

  1. ^ a b c d 『福島県史 第22巻』404頁。
  2. ^ a b 『福島大百科事典』750頁。

参考文献編集

  • 『福島県史 第22巻 (各論編 8 人物)』福島県、1972年。
  • 福島民報社編『福島大百科事典』福島民報社、1980年。
  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。