郡山市

日本の福島県の市

郡山市(こおりやまし)は、福島県中通り中部に位置する中核市に指定されている。

こおりやまし
郡山市
郡山ビッグアイ201504.JPG
郡山市旗 郡山市章
郡山市旗 郡山市章
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
市町村コード 07203-6
法人番号 9000020072036 ウィキデータを編集
面積 757.20km2
総人口 330,548[編集]
推計人口、2020年8月1日)
人口密度 437人/km2
隣接自治体 須賀川市会津若松市二本松市田村市本宮市耶麻郡猪苗代町安達郡大玉村岩瀬郡天栄村石川郡平田村田村郡三春町小野町
市の木 ヤマザクラ
市の花 ハナカツミ
市の鳥 カッコウ
郡山市役所
市長 品川萬里
所在地 963-8601
福島県郡山市朝日一丁目23番7号
北緯37度24分1.6秒東経140度21分35秒
Koriyama city office.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

郡山市位置図

― 市 / ― 町・村


 表示 ウィキプロジェクト

郡山都市圏の中心都市であり、東北地方では宮城県仙台市に次ぐ経済規模を持つ。

概要編集

 
ビッグアイ展望ロビーから望む郡山市街地
 
郡山駅西口駅前広場
 
富久山町の高台から望む郡山市街地 手前の列車は磐越東線
 
布引高原に咲くひまわりと風車(2017年9月撮影)
 
郡山市街地

市域は、中央分水界となっている奥羽山脈の東西にわたる。市の西部は日本海側である猪苗代湖南岸に位置し、東部は阿武隈高地に及ぶ。

市街地エリアは、栃木県宇都宮市宮城県仙台市の中間に位置しており、東北新幹線東北本線東北自動車道国道4号で繋がれている。また、西(日本海側)の会津若松市新潟市と、東(太平洋側)のいわき市へは、磐越自動車道磐越西線磐越東線および国道49号で移動する事が可能である。そのため、東日本の交通の十字路として拠点化が進み、経済・内陸工業・流通・交通の要衝として、東北地方第2の人口と経済規模を擁する郡山都市圏を形成している。このような本市の拠点性により、県域放送をしているテレビ局2局とFM局1局が立地し、県庁所在地ではないにも関わらず、福島県の情報集散地のひとつとしても機能している。民営事業所数15,927か所、商業事業所数4,341か所、年間商品販売額1兆4913億円(2007年度)で、いずれも経済分野で福島県内で第1位(東北地方で第2位)であり、「商都」「経済県都」とも呼ばれている[1]

江戸時代には、奥州街道郡山宿があったが、本市の発展は明治時代に開削された安積疏水の寄与が大きい。安積疏水は、農業用水として当地の開拓を進め、工業用水・水力発電・飲用水にも用いられて都市化を進めた。また、郡山駅が鉄道路線の分岐駅となって人や物が集散し、大正時代には市制施行により、本市が福島県最大の都市となった。

戦後の高度経済成長期には京浜工業地帯の企業が多く進出し、関東地方との繋がりが強まった。

市西部の布引高原では、風車33基、発電所出力65,980kW(国内2位)の「郡山布引高原風力発電所」が電源開発株式会社により建設され、2006年12月に運転を開始した。

2014年4月には産総研福島再生可能エネルギー研究所が開所し、市でも公共施設に太陽光発電設備を導入するなど、再生可能エネルギーの導入、普及促進に積極的に取り組んでいる。

2013年9月1日には推計人口が328,112人となり、それまで福島県内最大だったいわき市(327,993人)を上回り1966年以来約47年ぶりに県内最大都市に復帰した。しかし2016年1月1日段階では再びいわき市(349,190人)に県内最大都市の座を明け渡している。一方、2015年国勢調査によると人口密度は県下一である。

2018年12月、政府により東京一極集中を是正し、地方活性化の中心拠点となる中枢中核都市全国82市のひとつとして選定される。

2019年1月には、行政サービスや人口減少対策など各自治体の共通課題に連携して取り組む連携中枢都市圏の形成に向け、近隣14市町村と連携協約を締結した[2]

地理編集

 
郡山市市街地周辺の空中写真(2014年7月12日撮影の57枚を合成作成)。
市街地の東に見える河川は阿武隈川国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

福島県の中央部に位置する。安積平野または郡山盆地と呼ばれる海抜245mの平坦地を中心に市街地が広がっている。

西に猪苗代湖、東に阿武隈山地、北は安達太良山に接しており、市の中心部を南から北へ阿武隈川が流れる。

市域は広く、郡山駅周辺の市街地はビッグアイ展望台から望むことが出来る。

気候編集

一年を通して風が吹き、乾燥した気候であり、市街地ではヒートアイランド現象の影響も強い。

冬期、1月の最低平均気温は-2.7℃、マイナス10度を下回ることは稀である。一方、日中の平均最高気温は4.4℃と低く、真冬日も珍しくない。

なお当市には気象台の測候所がなく、アメダスのみである。アメダスには積雪計も設置されていないため、正確な積雪状況の把握ができない。冬期、1月の降水量平年値(アメダス)は、福島49.4mm 白河38.9mm 郡山37.4mmとなっており、福島県中通り地方の中では郡山市が最も少ない。

夏は、典型的な盆地の福島市ほどは暑くならず、35度を超えることは稀であり、また熱帯夜となることも少ないなど朝晩を中心に比較的過ごしやすい。

過去最高気温は1994年(平成6年)8月9日に観測された36.2℃、過去最低気温は1984年(昭和59年)3月2日に観測された-12.8℃である。

郡山 (1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 4.4
(39.9)
5.1
(41.2)
8.8
(47.8)
16.0
(60.8)
21.1
(70)
24.3
(75.7)
27.5
(81.5)
29.4
(84.9)
24.7
(76.5)
19.0
(66.2)
13.1
(55.6)
7.6
(45.7)
16.8
(62.2)
日平均気温 °C (°F) 0.8
(33.4)
1.2
(34.2)
4.2
(39.6)
10.3
(50.5)
15.6
(60.1)
19.4
(66.9)
22.9
(73.2)
24.4
(75.9)
20.1
(68.2)
14.1
(57.4)
8.3
(46.9)
3.5
(38.3)
12.07
(53.72)
平均最低気温 °C (°F) −2.7
(27.1)
−2.4
(27.7)
−0.1
(31.8)
4.9
(40.8)
10.5
(50.9)
15.3
(59.5)
19.3
(66.7)
20.6
(69.1)
16.3
(61.3)
9.7
(49.5)
3.7
(38.7)
−0.4
(31.3)
7.9
(46.2)
降水量 mm (inch) 37.4
(1.472)
37.5
(1.476)
70.3
(2.768)
82.8
(3.26)
99.8
(3.929)
127.2
(5.008)
185.0
(7.283)
152.1
(5.988)
165.1
(6.5)
111.1
(4.374)
62.5
(2.461)
32.6
(1.283)
1,163.2
(45.795)
平均月間日照時間 126.1 136.3 163.2 182.2 187.9 145.5 137.9 161.7 122.4 136.0 129.5 120.2 1,744.9
出典: 気象庁[3]

行政編集

歴代市長編集

ナンバープレート編集

郡山市は、ご当地ナンバーである郡山ナンバー(福島運輸支局)が2014年(平成26年)11月17日から交付されていて、対象地域は当市のみである。

立法編集

市議会編集

  • 定数:38名
  • 任期:2015年(平成23年)9月4日 - 2019年(令和元年)9月3日
  • 議長:佐藤政喜(志翔会、3期)
  • 副議長:遠藤敏郎(新政会、5期)
会派名 議席数 議員名(◎は会長)
志翔会 16 ◎七海喜久雄、佐藤政喜、馬場大造、森合秀行、佐藤栄作、山口信雄、大木進、佐藤徹哉、川前光徳、塩田義智、諸越裕、近内利男、久野三男、大内嘉明、鈴木祐治、高橋隆夫
新政会 8 ◎橋本幸一、渡部龍治、會田一男、折笠正、栗原晃、廣田耕一、石川義和、遠藤敏郎
郡山市議会公明党 4 ◎小島寛子、山根悟、伹野光夫、田川正治
社会民主党 3 ◎飛田義昭、飯塚裕一、八重樫小代子
日本共産党郡山市議団 3 ◎高橋善治、岡田哲夫、岩﨑真理子
虹とみどりの会 1 蛇石郁子
無所属の会 1 箭内好彦
新緑風会 1 今村剛司
創流会 1 大城宏之

福島県議会(郡山市選挙区)編集

  • 定数:10名
  • 任期:2019年(令和元年)11月20日 - 2023年(令和5年)11月19日
氏名 会派名 当選回数 備考
今井久敏 公明党福島県議会議員団 4
鈴木優樹 自由民主党福島県議会議員会 1
神山悦子 日本共産党福島県議会議員団 6
勅使河原正之 自由民主党福島県議会議員会 4
佐藤憲保 自由民主党福島県議会議員会 7
山口信雄 自由民主党福島県議会議員会 1
長尾トモ子 自由民主党福島県議会議員会 5
椎根健雄 県民連合議員会 3 所属党派は国民民主党
佐久間俊男 県民連合議員会 3 所属党派は国民民主党
山田平四郎 自由民主党福島県議会議員会 3

衆議院編集

※2017年10月29日現在。

選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考
福島県第2区(郡山市、二本松市本宮市安達郡 根本匠 自由民主党 8 選挙区

姉妹都市編集

日本国内編集

姉妹都市

海外編集

姉妹都市
1988年(昭和63年)6月25日 姉妹都市提携

歴史編集

古代では7世紀の安積郡設置以来、安達・田村両郡が10世紀に分郡されるまで、現在の二本松市田村市を含む広大な地域の中心地として機能していたとみられ、中心市街地直下に位置する清水台・咲田・虎丸遺跡が関係する遺跡として考えられている。また、8世紀に石背国が設置された際には方八町に国府が置かれたという説がある[4]。 ちなみに当時の古代律令制度の下で、郡の官人(郡司)が政務を執った役所のことを郡衙と言うが、「郡山」という現在の地名は、この郡衙が当地に置かれていたことに由来する。

11世紀になると、東部を中心として藤原氏や熊野の荘園が設置され、樹枝状の低地にも開発が進んだ。鎌倉時代には伊東氏の宰領する土地であったことが文献から推測されており、鎌倉時代末期には東部地域が南北朝の争乱地帯であった。

室町時代を迎えると、安積町に篠川御所が設けられたことで、南東北の政治的中心地として文献に当該地域の地名が頻出するようになる。しかしながら、郡山市域の伊東氏は早くから分家が分立した状態にあり、中世を通じて主体的な権力を保持する戦国大名に成長するには至らなかった。そのため、当地の政治状況は中期以降は検段職を有する白河結城氏に属し、末期になると蘆名氏伊達氏の影響下にあった。その一方、経済的には、安積町の4号国道に沿った地域で実施された大規模な発掘調査によって、この地域が流通の拠点として機能していたことが判明している。調査では古代の街道と中世の街道が検出された他、多数の建物跡や堀・溝が発見され、出土遺物から12 - 16世紀に亘る年代観が与えられている。

豊臣政権下の上杉氏を経て江戸時代になると、二本松城に織田系大名であった丹羽氏が入封し、郡山は城下以外では本宮と並ぶ数少ない町であった。 江戸時代末期に宿場町となり、人々が集い始めた郡山であったが、当時の人口はおよそ5,000人。 周辺は、農家のための場や荒れた原野が広がっていた。

明治政府が東北地方の開発を直接国費で実施するようになるのは、1877年明治10年)頃からで、その第一号として郡山が選ばれた。[5][6] これが世に言う「安積開拓」である。

明治政府の士族授産と殖産興業の方針のもと決まった国営安積開拓事業は、もともと水利が悪かったこの地に、山を越えて、猪苗代湖から疏水を開削して原野を開発し、封建制度の廃止により職を失った失業士族を入植させようというものであった。

安積疏水の開削の決定を機に、当時約5,000人のまちの周辺に、9藩から約500戸、2,000余の人々がやってきた。この入植の第一陣が、久留米士族であった。これを機に、岡山、土佐、鳥取、二本松、棚倉、会津、松山、米沢の各藩から人々が集まった。実に延べ85万人の人々が携わり、3年の月日を費やした大事業であった。

農業水利として行われた安積疏水と安積開拓により郡山は肥沃な大地に生まれ変わった。もっとも地域経済に大きな効果を招来したのは疏水に伴う水力発電事業の方が大きかった。郡山市街地まで国内初の長距離送電を行った水力発電所「沼上水力発電所」として利用され、電力を自給すると共に余剰電力を安く供給して多くの工場を誘致。郡山には信州を始めとする各地の資本により紡績工場が多数進出し、鉄道網の拡充とともに近代化が加速された。

やがて製糸業、窯業、機械工業、化学工業などの製造業も盛んとなり人口も増え続け、1924年(大正13年)9月、市制を施行し「郡山市」が誕生。昭和期に入り太平洋戦争が始まると、市内の産業は軍需関連が中心となり、1944年(昭和19年)には軍都の指定を受ける。国による軍都整備事業や軍需産業により郡山はさらなる発展を遂げるが、1945年(昭和20年)4月、アメリカ軍のB29爆撃機による大規模な空襲を受け、その後終戦までに3回もの爆撃があり、郡山駅周辺市街地及び工場地帯は壊滅的な打撃を受け、多くの犠牲者を出した。

終戦後の1946年(昭和21年)、戦災復興都市の指定を受け商工業都市としての復興が始まり、1964年(昭和39年)、新産業都市の指定、1986年(昭和61年)、郡山地域テクノポリスの指定を経て、1997年(平成9年)4月には東北初の中核市へ移行した。

音楽都市・楽都郡山

明治時代の安積開拓に始まり、高度経済成長期にかけて商工業都市として急速に発達する一方で、人口が急増し、さまざまな人々が集まったことから暴力団抗争が相次いで起こり、治安の悪い街「東北のシカゴ」として名前が広がってしまった[7][8]

そんな中、全国で「素人のど自慢大会」などが人気を集め、郡山でも町内会の演芸会などで音楽活動が盛んになり、いつしか音楽が市民の心の拠り所となっていった。やがて本格的なオーケストラの演奏会開催を望む市民の機運が高まり、1954年昭和29年)、郡山音楽協会と郡山青年文化協会主催の「NHK交響楽団公演」が国鉄郡山工場の大食堂を会場として開催された。その後も合唱、器楽、学校音楽での活動や演奏会、当時日本最大のロックフェスティバルと言われた1974年(昭和49年)のワンステップフェスティバルなどの開催により、「東北のシカゴから東北のウィーンへ」としてイメージ改善を進め、2008年平成20年)に「音楽都市宣言」を行い、「楽都郡山」をキャッチフレーズに音楽活動が盛んな街として情報発信を行っている。

郡山市と県庁

福島県や福島市の成立経緯や地理的に県の中間部に位置していることなどから、県庁を郡山に移転しようという動きが近代より現在に至るまで福島県内に根強く残っている。これは明治18年の県議会において賛成37、反対16の大差でいったんは可決され、当時の県令である三島通庸から上申書が内務省へ提出されたが、不明瞭な経過を経て却下されたことが尾を引いている。福島県の北端である福島市に県庁及び国立大学、県立図書館、県立美術館、県立医大、附属病院などの公共施設が集中することから不便、不公平感を訴える県民の声が根強くあり[要出典]東日本大震災を経て現在でも会津地方及び県南・県中地方の自治体などから請願書が県へ提出されている。

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
  • 市制・町村制以前の変遷表
  • 市制・町村制以後の変遷表

都市整備編集

中心市街地には十数階建マンションが多い。高層建築は郡山駅前の通称「ビッグアイ(Big-i)」(24階建て1棟、ペデストリアンデッキで郡山駅と直結)が、駅前のランドマークとして定着している。2005年には、駅前大通りのシンボルロード化や、アーケードの建替工事などが始まり、2006年夏に完成した。

市内の南部地域では郡山南拠点土地区画整理事業を展開、ビッグパレットふくしまを中心核とした整備事業を行っている。なお、ここに現在郡山市麓山にある福島県郡山合同庁舎(旧郡山市役所)の移転計画があったが、県の財政難を理由に実現していなかった。2014年、県は新合同庁舎の建設場所や規模を含めた基本構想を2015年度に策定し、今後10年以内の開所を目指す方針を示した[12]

中心市街地に位置する大町においても土地区画整理事業が2005年度より進められており、既に60億円近くの予算が投じられている。同地区には旧トポス郡山店(郡山大町センタービル)があり、1994年の閉店以降、市税滞納により市に土地と建物を差し押さえられていたが、2015年2月に差し押さえの解除と市内の不動産業者への売却が発表された[13]。解体後は当面の間、駐車場として利用される予定である。

交通体系の整備については、2019年3月の供用開始を目指し、郡山中央スマートインターチェンジの設置事業が始まっている他、磐越西線の郡山駅と喜久田駅のほぼ中間地点には新駅の郡山富田駅が設置され、2017年4月に開業した[14]。福島県内でJRの駅が新設されるのは1987年3月の磐越東線江田駅以来となる。

経済編集

2007年度統計[15]において、民営事業所数15,927か所、商業事業所数4,341か所、年間商品販売額1兆4,913億円となっており、いずれも福島県内で第1位であり、東北地方では仙台に次いで第2位の経済規模である。

年間商品販売額の県内シェアでは、卸売業の40.8%、小売業の20.4%を占めており、このため福島県の「商都」「経済県都」[1]とも呼ばれ、郡山都市圏を形成している。

交通の要衝「陸の港」

東京圏の200km圏内に位置し、東京駅郡山駅を最短77分で結ぶ1982年開業の東北新幹線を始め、東北自動車道磐越自動車道、近隣の福島空港と高速交通網が相次いで整備され、東日本の交通の十字路として拠点化が進み、経済・内陸工業・流通・交通の要衝として「陸の港」とも称され発展を遂げてきた。市内には全国有数の敷地面積203,000m2を持つ郡山貨物ターミナル駅もあり、近年のモーダルシフトの進展により、物流の拠点としての重要性も増してきている。

福島県のほぼ中央に位置し、市内に5つのインターチェンジ(福島県内最多)と東北・磐越自動車道が交差する郡山ジャンクションを擁する地理的優位性があり、全国規模で展開する企業が福島県内に拠点を置く場合、その多くが郡山市を選択しており、支社・支店・地域子会社が集中する支店経済都市でもある。

コンベンション都市

郡山市では交流人口の拡大と地域振興を図るため、各種展示会や学会の誘致などに積極的に取り組み、コンベンション都市を目指すことを政策として掲げている。 ビッグパレットふくしま郡山ユラックス熱海、ホテル・旅館などのコンベンション施設も充実していることから、イベントや会合、研修が盛んに開催されている。2014年度のコンベンション開催件数は850件であった[16]

新たな産業の振興

従来より福島県ハイテクプラザ日本大学工学部の敷地内に設置した郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンターなどを通じて産業振興やベンチャーなどの起業支援に取り組んできたが、近年では国、県など産学官連携による再生可能エネルギー医療機器産業を震災後の産業復興の柱に位置付け[17]産総研福島再生可能エネルギー研究所(2014年開所)やふくしま医療機器開発支援センターの設置を起爆剤に大規模展示会やセミナー開催による企業誘致に力を入れている。

第一次産業編集

  • 農業産出額:146億円(2015年、県内3位)[18]
  • 米生産額:69億円(2015年、県内1位)
  • 養殖生産量:550トン(2014年、市町村別全国1位)

明治時代に開削された猪苗代湖を水源とする安積疏水(あさかそすい)、及び明治維新の全国各地からの下級武士の入植による安積開拓などにより広大な水田が開発された。これらの大事業により阿武隈川に向かって傾斜し、水源となる河川が少なく谷の多い水利の悪い丘陵地帯がほとんどの土地である安積原野が、三穂田町に代表されるような広大な水田地帯に生まれ変わり、市としては全国一の米の生産額であった。しかし、2005年に合併により誕生した新・新潟市にその座を奪われ、2006年度においては全国17位となっている。

近年は生産者による「郡山ブランド野菜」の取り組みや、三菱商事復興支援財団の出資によるふくしま逢瀬ワイナリー[19]でのワインリキュールの製造・販売など農業の6次産業化に力を入れている。

また日和田町には福島県農業総合センターが立地しており、福島県における農業研究の拠点となっている。

第二次産業編集

製造品出荷額:8,544億円(2014年。県内2位、東北地方3位)[20]

主な工業団地

工業団地 主な企業・産業
郡山西部第一工業団地  分譲中
郡山西部第二工業団地 産総研福島再生可能エネルギー研究所、アンリツ京セラコマツ日本デジタル研究所三菱電機三菱ケミカル、他
郡山ウェストソフトパーク 東成エレクトロビーム、東成イービー東北、他
郡山中央工業団地 アサカ理研クラリオンマニュファクチャリングアンドサービス、東北アンリツ、パナソニック日立製作所、他
郡山北部工業団地 村田製作所三菱ふそうトラック・バスヤマト運輸、他
郡山流通業務団地 プロロジス日本ロジテム日本郵便輸送、ダイトーロジスティックス、他

第三次産業編集

商品販売額:1兆4,913億円(2007年。県内1位、東北地方2位)

卸売市場

郡山市内の主な百貨店・複合商業施設

百貨店としては、地元資本であったうすい百貨店(現在は三越伊勢丹ホールディングス傘下)、大型店はイトーヨーカドー、イオン、西友(LIVIN)の店舗がある。かつて大型店では、ダイエー郡山店(後にトポス、1994年11月閉店)が、専門店系列では、丸井郡山店(2008年2月閉店)があった。この他にも、上記のイトーヨーカドーと西友(郡山西武店)は移転以前に郡山駅前周辺に存在していた。

家電量販店は、ヨドバシカメラコジマ(現・コジマ × ビックカメラ)、ヤマダ電機(郡山本店、New郡山南店、アウトレット館郡山店の3店舗)、ケーズデンキ郡山本店郡山北本店の2店舗)が出店している。

セブン-イレブン郡山虎丸店(1975年開店)は、日本のセブン-イレブンで最初に24時間営業を行った店舗である。

市内に本社を置く主な企業編集

(株式公開企業)

(その他)

  • うすい百貨店百貨店三越伊勢丹ホールディングス傘下)
  • ヨークベニマル(食料品スーパー / かつて東証一部上場)
  • 日本全薬工業(ペット・家畜用医療薬品)
  • 東北村田製作所(酸化銀電池、リチウムコイン電池など一次電池、リチウムイオン電池生産)
  • 柏屋 (和菓子の製造・販売)
  • 三万石(和菓子の製造・販売)
  • かんのや(和菓子の製造・販売)
  • 青木商店(フルーツバーAOKI、果汁工房果琳、フルーツピークスなどを展開)
  • 酪王乳業(酪王カフェオレなど乳製品)
  • クラリオンマニュファクチャリングアンドサービス(カーオーディオ・ナビゲーション生産)
  • ビッグレンタル(建設機材レンタル業)
  • 福島観光自動車(バス、タクシー)
  • 郡山中央交通(バス)
  • 佐藤(食品卸売業)
  • 笹の川酒造(酒類の醸造・販売)
  • 佐藤燃料(石油製品販売)
  • 四季工房(注文住宅)
  • 福島コンピューターシステム(コンピュータ・ソフトウェア開発・技術者派遣)
  • マルイチグループ(ガソリンスタンド・タクシーなどの経営)
  • 東北アルフレッサ (医薬品卸売業)
  • パステル(雑貨販売)
  • ジンコーポレーション(美容脱毛専門サロン「ミュゼプラチナム」)・飲食(「橋本ヒロシ」「麺家くさび」「一心亭分店」「あぁ博多人情」)創業地が郡山市で現在は東京都内にも東京本社がある。

かつて東京証券取引所一部に上場し、その後セブン&アイ・ホールディングスの完全子会社となった食品スーパーヨークベニマルや、スポーツ用品販売大手のゼビオホールディングス第二地方銀行大東銀行、ラーメン店チェーンの幸楽苑等が本社や本店を置いている。

また、福島県内最大手の地方銀行東邦銀行1946年まで、自動車買取業者のガリバーインターナショナル1996年まで本社を置いていた。

市内に工場を置く主な企業編集

金融機関編集

市内に本店を持つ金融機関
市内に支店を持つ金融機関
 
東邦銀行郡山中町支店(旧本店)
市内に営業所を持つ金融機関

マスメディア編集

 
福島中央テレビ本社スタジオ

テレビ・ラジオ局編集

新聞・通信社編集

フリーペーパー編集

統計データ編集

現在の市勢編集

出典[21]

  • 総人口 - 335,444人(2015年)

出典[22]

  • 世帯数 - 131,548世帯(2010年)
  • 年少人口割合(15歳未満) - 14.4%(2010年)
  • 生産年齢人口割合(15歳 - 64歳)- 64.3%(2010年)
  • 高齢人口割合(65歳以上) - 20.1%(2010年)
  • 昼間人口 - 357,979人(2010年)
  • 昼間人口比率 - 105.7%(2010年)
  • 労働力人口 - 157,283人(2010年)
  • 他市区町村への通勤者数 - 16,293人(2010年)
  • 他市区町村からの通勤者数 - 29,613人(2010年)
  • 第1次産業就業者構成比 - 3.6%(2010年)
  • 第2次産業就業者構成比 - 23.8%(2010年)
  • 第3次産業就業者構成比 - 68.9%(2010年)
  • 農業産出額 - 181億7,000万円(2006年)
  • 製造品出荷額等 - 7,759億円(2012年)
  • 商業年間商品販売額 - 1兆4,913億円(2007年)

地域編集

2009年1月1日現在

地区名 人口 面積 人口密度
旧郡山 190,462人 56.53km2 3,369.22人 / km2
安積 35,085人 17.45km2 2,010.60人 / km2
三穂田 4,776人 44.55km2 107.21人 / km2
逢瀬 4,684人 72.01km2 65.05人 / km2
片平 7,171人 18.76km2 382.25人 / km2
喜久田 10,501人 15.75km2 666.73人 / km2
日和田 10,157人 22.52km2 451.02人 / km2
富久山 35,061人 16.35km2 2,144.40人 / km2
湖南 4,043人 167.73km2 24.10人 / km2
湖南の面積のうち猪苗代湖の面積26.01km2
熱海 6,742人 151.17km2 44.60人 / km2
田村 20,355人 91.73km2 221.90人 / km2
西田 4,721人 27.28km2 173.06人 / km2
中田 5,728人 55.23km2 103.718人 / km2
総数 339,486人 757.06km2 448.43人 / km2

人口編集

 
郡山市と全国の年齢別人口分布(2005年) 郡山市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 郡山市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

郡山市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


公的機関等編集

市の機関編集

 
郡山市役所西庁舎
 
ニコニコこども館
 
郡山市保健所
 
郡山消防署
  • 郡山市役所
    • 市民サービスセンター(郡山ビッグアイ内)
    • 富田行政センター
    • 大槻行政センター
    • 安積行政センター
    • 三穂田行政センター
    • 逢瀬行政センター
      • 河内連絡所
    • 片平行政センター
    • 喜久田行政センター
    • 日和田行政センター
    • 富久山行政センター
    • 湖南行政センター
      • 月形連絡所
    • 熱海行政センター
    • 田村行政センター
      • 高瀬連絡所
      • 二瀬連絡所
    • 西田行政センター
    • 中田行政センター
    • 郡山市水道局
    • 郡山市保健所
    • 郡山市こども総合支援センター(ニコニコこども館)
    • 郡山市地域子育て支援センター
    • 郡山市総合福祉センター
    • 郡山市地域包括支援センター
  • 郡山地方広域消防組合 郡山消防署
    • 熱海分署
    • 日和田分署
    • 田村分署
    • 大槻基幹分署
    • 安積分署
    • 喜久田基幹分署
    • 針生救急所
    • 湖南分署
    • 中田分署

県の機関編集

 
郡山合同庁舎(旧郡山市役所)
 
郡山警察署
  • 福島県県中地方振興局
  • 福島県県中農林事務所
  • 福島県県中教育事務所
  • 福島県県中建設事務所
  • 福島県県中児童相談所
  • 福島県警察
    • 郡山警察署
      • 駅前交番
      • 芳賀交番
      • 古舘交番
      • 長者交番
      • 麓山交番
      • 久留米交番
      • 開成山交番
      • 笹川交番
      • 大槻交番
      • 岩江駐在所
      • 宮城駐在所
      • 柳橋駐在所
      • 田村駐在所
      • 二瀬駐在所
      • 三穂田駐在所
    • 郡山北警察署
      • 富田交番
      • 富久山交番
      • 熱海駐在所
      • 逢瀬駐在所
      • 片平駐在所
      • 喜久田駐在所
      • 西田駐在所
      • 日和田駐在所
      • 福良駐在所
      • 舟津駐在所
    • 郡山運転免許センター

国等の機関編集

独立行政法人および特殊法人編集

研究機関編集

医療機関編集

市内には福島県最大の病床数を持つ総合病院や大学病院などの高度医療機関、日常的な診察や健康管理等を行う「かかりつけ医」の役割を担うクリニックなどが多数集積している。 人口10万人あたり病床数は1815.5床(全国平均1236.3床)、医師数237.5人(同226.5人)、歯科医師数111.6人(同78.2人)となっている[23]

なお「郡山市こども医療費助成制度」により18歳以下の市民の医療費は無料となっている[24]

主な医療機関編集

施設編集

ホール・展示場・集会場編集

美術館・博物館等編集

館内のプラネタリウムは、地上から数えて世界で最も高い場所にあることで、ギネス世界記録認定。
福島県立安積高等学校敷地内、旧福島県尋常中学校本館。国の重要文化財

図書館編集

 
中央図書館

スポーツ編集

屋外編集

屋内編集

プール編集

ゴルフ編集

その他施設編集

郵便編集

郵便局
  • 小泉郵便局(集配局)
  • 宮城郵便局(集配局)
  • 柳橋郵便局(集配局)
  • 西田郵便局(集配局)
  • 守山郵便局(集配局)
  • 谷田川郵便局(集配局)
  • 月形郵便局(集配局)
  • 中野郵便局(集配局)
  • 福良郵便局(集配局)


  • 安子ヶ島郵便局
  • 熱海郵便局
  • 片平郵便局
  • 喜久田郵便局
  • 久保田郵便局
  • 郡山開成郵便局
  • 郡山中町郵便局
  • 郡山希望ケ丘郵便局
  • 郡山大槻郵便局
  • 郡山麓山郵便局
  • 郡山方八町郵便局
  • 郡山本町郵便局
  • 郡山久留米郵便局
  • 郡山長者郵便局
  • 郡山卸町郵便局
  • 郡山台新郵便局
  • 郡山市役所内郵便局
  • 郡山虎丸町郵便局
  • 郡山香久池郵便局
  • 郡山細沼郵便局
  • 郡山駅前郵便局
  • 郡山若葉町郵便局
  • 郡山小原田郵便局
  • 郡山五百淵郵便局
  • 郡山駅前大通り郵便局
  • 郡山柴宮郵便局
  • 郡山荒井郵便局
  • 郡山深沢郵便局
  • 郡山金屋郵便局
  • 郡山緑ヶ丘郵便局
  • 郡山笹川郵便局
  • 郡山並木郵便局
  • 高瀬郵便局
  • 高野郵便局
  • 多田野郵便局
  • 富田郵便局
  • 富久山郵便局
  • 三穂田郵便局
  • 三和郵便局
  • 舞木郵便局


簡易郵便局
  • 下枝簡易郵便局
  • 田母神簡易郵便局
  • 石筵簡易郵便局
  • 赤津簡易郵便局
  • 安積河内簡易郵便局


教育編集

2015年度より市内の全小中学校(小学校61、中学校28の計89校)に約2500台のタブレット端末が配備されている。全校に導入するのは中核市では初めての試みである[25]

大学・短期大学編集

 
日本大学工学部
私立

高等学校編集

県立


私立


中学校編集

市立
  • 熱海中学校
  • 喜久田中学校
  • 湖南中学校
  • 安積中学校
  • 安積第二中学校
  • 守山中学校
  • 緑ケ丘中学校
  • 高瀬中学校
  • 二瀬中学校
  • 三穂田中学校
  • 明健中学校
  • 宮城中学校
  • 御舘中学校


私立

義務教育学校編集

市立
  • 西田学園

小学校編集

市立
  • 行健小学校
  • 行健第二小学校
  • 小泉小学校
  • 金透小学校
  • 芳山小学校
  • 大成小学校
  • 橘小学校
  • 小原田小学校
  • 芳賀小学校
  • 桃見台小学校
  • 赤木小学校
  • 行徳小学校
  • 柴宮小学校
  • 朝日が丘小学校
  • 明健小学校
  • 大島小学校
  • 桑野小学校
  • 富田小学校
  • 富田東小学校
  • 富田西小学校
  • 小山田小学校
  • 開成小学校
  • 大槻小学校
  • 白岩小学校
  • 東芳小学校
  • 薫小学校
  • 桜小学校
  • 安積第一小学校
  • 安積第二小学校
  • 安積第三小学校
  • 永盛小学校
  • 守山小学校
  • 御代田小学校
  • 高瀬小学校
  • 谷田川小学校
  • 日和田小学校
  • 高倉小学校
  • 熱海小学校
    • 石莚分校
  • 安子島小学校
  • 上伊豆島小学校
  • 田母神小学校
  • 栃山神小学校
  • 穂積小学校
  • 三和小学校
  • 多田野小学校
    • 堀口分校
  • 河内小学校
    • 夏出分校
  • 片平小学校
  • 喜久田小学校
  • 宮城小学校
  • 海老根小学校
  • 御舘小学校
    • 下枝分校
  • 緑ケ丘第一小学校
  • 湖南小学校


私立

特別支援学校編集

  • 福島県立郡山支援学校
  • 福島県立あぶくま支援学校
    • 福島県立あぶくま支援学校安積分校
  • 福島県立須賀川支援学校郡山分校(長期入院の児童生徒対象)
  • 福島県立聴覚支援学校

職業能力開発短期大学校編集

専修学校編集


各種学校編集

自動車教習所編集

交通編集

東北新幹線東京駅から最短77分で結ばれており、郡山駅から磐越東線磐越西線水郡線が分岐、東北自動車道磐越自動車道国道4号国道49号国道288号国道294号が縦横に結ぶ東日本でも屈指の交通の要衝であり、『陸の港』[26]と称されている。

また磐越自動車道から北陸自動車道を経由すれば、関西地方へ最短ルートで移動することが可能である。

鉄道編集

 
郡山駅正面(2015年4月撮影)
 
郡山駅に停車するE5系新幹線

郡山駅を中心に東西・南北方向、さらに東南方向にも路線が存在する。私鉄は存在せず、旅客輸送・貨物輸送すべてが東日本旅客鉄道(JR東日本)が担っている。

東日本旅客鉄道
(東京・大宮方面 - 郡山駅 - 福島・山形・仙台・新青森・新函館北斗方面)
なすの号は那須塩原駅より北進し、日中のダイヤを中心に東京方面へ折り返している。
(東京・大宮方面 - 安積永盛駅 - (郡山貨物ターミナル駅) - 郡山駅 - 日和田駅
(いわき方面 - 舞木駅 - 郡山駅
郡山駅 - 郡山富田駅 - 喜久田駅 - 安子ケ島駅 - 磐梯熱海駅 - 中山宿駅 - 会津若松・新津方面)
(水戸方面 - 谷田川駅 - 磐城守山駅- 安積永盛駅 - 郡山駅
水郡線の終着駅は安積永盛駅だが、東北本線に乗り入れ全列車が郡山駅まで乗り入れる。

※ このほか、JRと郡山市が以下の新駅設置について要望中・設置予定である(仮称)。

  • 郡山南駅
    • 東北本線 安積永盛駅 - 郡山駅間

バス編集

 
福島交通のバス。郡山駅前バス乗り場にて(2015年4月撮影)

高速バス路線編集

2005年度の利用客数 (PDF) も付記。
福島県内
隣接県
東京方面
名古屋方面
  • 郡山〜東岡崎駅・東名豊田・栄・名古屋:2013年7月4日から
大阪方面

タクシー編集

郡山駅周辺・市中心部が中心だが、磐梯熱海などの観光需要も一定数ある。そのほとんどが小型タクシーである。西条タクシーグループはUberTaxi利用可。

  • 市内拠点の主なタクシー会社
  • ひかりタクシー
  • 福島観光自動車
  • 郡山観光交通
  • クラブ自動車
  • 西条タクシーグループ
  • 湖南交通グループ
  • 富田タクシー
  • 喜久田タクシー
  • 日和田タクシー


港湾編集

  • 湖南港
猪苗代湖南岸にある。現在は主に観光用。地方港湾としては翁島港と並んで日本一の高所にある。

空港編集

郡山市から利用される空港。

隣接する須賀川市玉川村にまたがる2500m滑走路がある。国内線では新千歳大阪、国際線ではソウル上海に定期航路を持つほかに、香港台北などからチャーター便の運航も多い。過去には帯広函館中部広島福岡関西沖縄にも就航していた。
東北新幹線利用にて1時間から1時間10分。または高速道路利用で1時間30分。仙台空港アクセス線の開通により、利便性が向上した。
千葉交通によるリムジンバスの運行有り。また、福島観光自動車による低料金のドアツードア送迎のエアポートライナーも運行される。
東北新幹線によりアクセス。

道路編集

高速道路編集

一般国道編集

主要地方道編集


一般県道編集


自転車道編集

市内の主な通称編集

詳しくは福島県内の通りを参照。


観光編集

観光地編集

高さ約133mの福島県内で最も高いビル。郡山市ふれあい科学館などが入居する。22階にある入場無料の展望ゾーンからは郡山駅周辺の市街地を望むことが出来る。
標高約1,000mの台地状の高原。磐梯山や猪苗代湖が一望できる。風の高原とも呼ばれ風力発電用の風車33基が立ち並んでおり、展望台やウォーキングコースも整備されている。
日本で4番目の面積を持つ湖。湖面が鏡のように美しい事から「天鏡湖」とも呼ばれている。ウォータースポーツや湖水浴、キャンプなど県内有数のアウトドアスポットである。
三春駒三春張子人形の発祥の地で、江戸時代から300年以上の歴史を持つ工人の里。4軒の工房が立ち並び郷土民芸品を制作している。
室町時代の画家・雪村が晩年を過ごした庵。
東北地方最大の前方後円墳で国指定史跡。周辺は大安場史跡公園として整備され、体験学習イベントなども行われている。東日本大震災では亀裂が入ったが2013年7月修復完了。
日本の滝百選に数えられる高さ48mの滝。紅葉狩のスポットでもある。
熱海町石筵から中ノ沢温泉までを結ぶ道路。沿線には石筵ふれあい牧場、銚子ヶ滝などの観光名所がある。かつては有料道路だったが2006年より無料開放されている。
郡山市が管理運営している県内唯一の遊園地。市営のため入場は無料であり、乗り物も格安の料金で利用することが出来る。
総面積約103haの広大な観光牧場。家畜や動物と触れ合うことができ、サイクリングや乗馬、現地で生産されたラム肉のバーベキュー等を楽しめる。飼育されている動物は、牛、馬、ウサギ、ロバ、ヒツジ、ヤギ、アヒル、クジャクなどである。
のんびり温泉イワナの里内にある牧場。アルパカの他にミニチュアホースやヒツジも飼育されている。

公園編集


登山編集

温泉編集

 
磐梯熱海温泉・源泉通り
郡山の奥座敷とも称される温泉地。かつて奥州合戦の後にこの地の領主になった源頼朝の家臣・伊東祐長(伊東祐長の祖先もしくは子孫の安積郡領主・伊東氏との説も)が、故郷の伊豆の温泉地を懐かしみ、熱海と名付けたと言う伝説がある。その泉質から月岡温泉いわき湯本温泉とともに「磐越三美人湯」に数えられている。温泉街には大衆的な旅館から天皇皇后両陛下や皇族方、英国ウィリアム王子などの要人が宿泊した老舗高級旅館まで大小様々な旅館・ホテルが軒を連ねている。
また、市内各所に数多くの日帰り温泉施設があり、銭湯並みの低料金で利用できる。

神社編集

寺院編集

祭事・催事編集

 
開成山大神宮で行われている桜まつり(2015年4月撮影)
 
KFBマンモスフリーマーケット(2015年5月撮影)
 
郡山うねめまつり(2015年8月撮影)
 
ビッグツリーページェント・フェスタ in KORIYAMA(2015年12月撮影)

伝統芸能編集

  • 柳橋歌舞伎[28](郡山市中田町)
  • 湖南の会津万歳(こなんのあいづまんざい)
  • 舘の早乙女踊り(たてのさおとめおどり)
  • 高柴七福神踊り(たかしばしちふくじんおどり)
  • 獅子舞(市内各所)
  • 深谷のヨーサ踊り(ふかやのよーさおどり)

桜の名所編集

 
笹原川千本桜(2015年4月撮影)
三春滝桜の娘と言われる樹齢約400年のしだれ桜。市天然記念物。
安積開拓時に植えられたソメイヨシノヤマザクラなど約1300本の桜が咲き乱れる。開花時期にはライトアップや露天の出店も行われるなど、福島県内でも有数の花見の名所である。
笹原川明神橋を中心に上下約2km、約1000本の桜並木が続く。

グルメ・名産品編集

柏屋三万石かんのやなどの福島県を代表する菓子メーカーが市内に本店を構えている他、クリームボックスなどのご当地スイーツもあり、カフェやスイーツ店の新規開業も盛んであること[29]などから、市では菓子類を名物として紹介している[30]

ラーメン店は市内に約600軒ほどあり個性的なラーメンで競い合う激戦区となっている[31]

また日本でも数少ない地ウイスキーを販売する笹の川酒造を始め酒造会社も多く立地している。そして、JR郡山駅西口駅前は福島県内屈指の繁華街であり、駅前一丁目の通称「陣屋」と呼ばれる界隈にはスナック等が多く立ち並び、日の出通りを始めとした駅前二丁目から大町界隈には昭和30 - 40年代の高度経済成長期にオープンしたレトロな居酒屋が今なお健在である。また本格バーも地方都市の中では有数の多さである[29]

近年はグリーンカレーを新たな名物として売り出している[32]

菓子類・食品など


農水産物
  • あさか舞(特Aランクのブランド
  • うねめ牛(黒毛和種雌牛のブランド
  • 鯉養殖(市町村別で生産量日本一[34]


工業製品

スポーツ編集

プロスポーツチーム編集

チーム 種別 リーグ 競技場 設立 優勝回数
東北フリーブレイズ アイスホッケー アジアリーグ 磐梯熱海アイスアリーナ 2008年 3回
福島ファイヤーボンズ バスケットボール ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ 郡山総合体育館 2013年
福島レッドホープス 野球 BCリーグ:東地区 開成山野球場 2014年

アマチュアスポーツチーム編集

当市出身の有名人(五十音順)編集

当市在住のアーティスト

当市が舞台となった作品編集

小説編集

映画編集

アニメ編集

[38]

漫画編集

和歌編集

  • みちのくの あさかのぬまの 花かつみ かつ見る人に こひやわたらむ(古今和歌集 巻第14恋歌4・677、読人不知)[注釈 1]

伝説編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「あさかのぬま」は安積沼

出典編集

  1. ^ a b 郡山市ホームページ 経済県都”. 2015年2月27日閲覧。
  2. ^ “福島県内初、連携中枢都市圏へ 郡山市と近隣14市町村が協約締結”. 福島民友. (2019年1月24日). http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190124-344779.php 2019年2月18日閲覧。 
  3. ^ 郡山 19801-2010年”. 気象庁. 2011年10月18日閲覧。
  4. ^ 安藤智重『安積歴史入門』歴史春秋社、2014年、4頁。ISBN 978-4-89757-841-5
  5. ^ 安積開拓 - 郡山市ホームページ
  6. ^ 安積疏水 - 郡山市ホームページ
  7. ^ 東北のウィーン“楽都”郡山”. 2015年2月26日閲覧。
  8. ^ 市民が奏でる楽都郡山のハーモニー”. 2015年2月26日閲覧。
  9. ^ 図典 日本の市区町村 p51
  10. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 7 福島県』、角川書店、1981年 ISBN 4040010701 より
  11. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180 より
  12. ^ “来年度に基本構想策定/福島県、郡山合同庁舎建替え”. 建設通信新聞. (2014年12月12日). https://www.minpo.jp/news/detail/2015022821239 2015年4月6日閲覧。 
  13. ^ “旧トポスビル解体へ 貸しビル業者取得 郡山、再開発事業が前進”. 福島民報. (2015年2月28日). https://www.minpo.jp/news/detail/2015022821239 2015年4月5日閲覧。 
  14. ^ “名称は「郡山富田駅」JR磐越西線の新駅 29年春開業へ”. 福島民報. (2015年9月16日). https://www.minpo.jp/news/detail/2015091625339 2015年9月17日閲覧。 
  15. ^ 経済産業省 平成21年版我が国の商業”. 2015年2月26日閲覧。
  16. ^ 広報こおりやま2016年3月号”. 2016年3月3日閲覧。
  17. ^ “針に入る極細内視鏡 「福島育ち」、患者負担軽く”. 日経産業新聞. (2014年5月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ210I8_S4A520C1000000/ 2015年4月5日閲覧。 
  18. ^ 農林水産省 統計情報 市町村別農業産出額(推計)”. 2017年4月25日閲覧。
  19. ^ 福島県郡山市「ふくしま逢瀬ワイナリー」竣工について”. 2015年12月9日閲覧。
  20. ^ 経済産業省 工業統計調査”. 2017年4月25日閲覧。
  21. ^ 平成27年国勢調査 人口等基本集計(男女・年齢・配偶関係,世帯の構成,住居の状態など) 全国結果
  22. ^ 総務省統計局 都道府県・市区町村のすがた
  23. ^ 広報こおりやま2015年7月号”. 2015年6月29日閲覧。
  24. ^ こども医療費助成制度-郡山市ホームページ”. 2015年4月4日閲覧。
  25. ^ 全小中学校にタブレット30台ずつ配備=福島県郡山市教委”. 2015年3月28日閲覧。
  26. ^ 陸の港-郡山市ホームページ”. 2015年4月4日閲覧。
  27. ^ 平成28年4月1日ダイヤ改正に伴う高速バスと路線バスについて -お知らせ- - 会津乗合自動車公式ページ、2016年3月23日、同年4月9日閲覧
  28. ^ 柳橋歌舞伎(やなぎはしかぶき)
  29. ^ a b エイムック2704『福島本』、エイ出版社、2013年 ISBN 978-4-7779-2973-3 より
  30. ^ 銘菓・スイーツ - 郡山市ホームページ
  31. ^ ラーメン - 郡山市ホームページ
  32. ^ a b こおりやまうまいものレポート - 郡山市ホームページ
  33. ^ 郡山グリーンカレー愛好会 - 郡山市ホームページ
  34. ^ 郡山の鯉 - 郡山市ホームページ
  35. ^ 特選郡山梨 - 郡山市ホームページ
  36. ^ http://bjleague.livedoor.biz/archives/51904692.html
  37. ^ 【情報】郡山市が舞台になりました「未確認で進行形」の舞台探索マップが入荷しましたコォ。郡山市内他を周る際にご活用くださいませコォ。未確認で進行形コーナーに展開...”. Twitter (2014年5月11日). 2014年8月21日閲覧。
  38. ^ 聖地巡礼マップ 未確認で進行形” (2020年9月4日). 2020年9月4日閲覧。
  39. ^ 赤沼のおしどり”. 福島県教育委員会. 2018年1月21日閲覧。

関連項目編集

  • 東北のウィーン:音楽都市宣言を契機に「楽都 郡山」「音楽都市 郡山」をアピールしている。
  • 水の郷百選:水と緑がきらめく未来都市 郡山
  • がくとくん:郡山市の公式イメージキャラクター

外部リンク編集

行政
観光