メインメニューを開く

橘 敏通(たちばな の としみち)は、平安時代中期の貴族中納言橘公頼の三男。官位従五位下式部大輔筑後国蒲池の領主。

 
橘敏通
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下式部大輔
主君 朱雀天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘公頼
兄弟 敏実、敏仲、敏通、敏貞、敏延
通敏、淑信、淑行、淑政
テンプレートを表示

経歴編集

天慶2年(939年文章得業生承平天慶の乱に際して、天慶4年(941年大宰府に攻め寄せてきた藤原純友の弟・純乗を、父・公頼と柳川郊外の蒲池城で迎え撃ち、純乗を撃退する。

天慶5年(942年内記

系譜編集

  • 父:橘公頼
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:橘通敏
    • 男子:橘淑信
    • 男子:橘淑行
    • 男子:橘淑政