橘俊通
時代 平安時代中期
生誕 長保4年(1002年
死没 康平元年10月5日(1058年10月24日
官位 従五位上信濃守
主君 後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘為義、母:大江清通
兄弟 義通俊通
菅原孝標女
仲俊、女子、女子
テンプレートを表示

橘 俊通(たちばな の としみち)は、平安時代中期の貴族但馬守・橘為義の四男。官位従五位上信濃守。妻は『更級日記』の作者菅原孝標女

経歴編集

藤原定家 『更級日記 御物本』 奥書による。

系譜編集

出典編集

  • 尊卑分脈
  • 『信濃史料』
  • 藤原定家 『更級日記 御物本』 奥書