橘義子(たちばな の よしこ、生没年不詳)は、宇多天皇女御。父は参議橘広相。兄弟に公統公胤公諸公材公彦公頼公廉らがいた。斉中親王斉世親王斉邦親王斎院君子内親王の母。

早くから源定省(のちの宇多天皇)の室となったが、宇多天皇即位後の仁和4年(888年)に更衣となり禁色を許された。更に寛平5年(893年)には女御宣下を受け、同8年に従四位上を授けられた。

参考文献編集