メインメニューを開く

機動第1旅団(きどうだい1りょだん)とは、大日本帝国陸軍特殊部隊関東軍直属の独立旅団であった。

沿革編集

1944年昭和19年)8月、機動第2連隊を中核として機動第1連隊と機動第3連隊から編成。

本旅団は、風船爆弾にも使用された水素気球に兵士が一人ずつぶら下がって、夜間にソビエト連邦領内に空中より侵入し、後方攪乱を行う目的で編成された。

1945年(昭和20年)、実際に水素気球でソ連領内に侵入することなく終戦を迎えた。

歴代旅団長編集

最終所属部隊編集

  • 機動第1連隊:岩本只芳 大佐
  • 機動第2連隊:須藤勇吉 大佐
  • 機動第3連隊:若松満則 大佐

参考文献編集

  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。