檀君紀元

紀年法の一つ
檀紀から転送されました)

檀君紀元(だんくんきげん)は、朝鮮神話の最初の王檀君王倹の即位を紀元とする紀年法である。「檀紀」(だんき)とも呼ばれる。

檀君紀元(檀紀)
各種表記
ハングル 단군기원
(단기)
漢字 檀君紀元
(檀紀)
発音 タングンキウォン
(タンキ)
日本語読み: だんくんきげん
(だんき)
ローマ字転写: Dangun-giwon
(Dan-gi)
テンプレートを表示
1956年大韓民国(韓国)で発行された記念切手。上部に「4289年12月4日」と檀君紀元で表記されている

三国遺事』や『東国通鑑』の檀君即位の記述(「中国のの即位から50年目」)や『世宗実録地理志』にある記述(「唐堯的即位二十五年・戊辰」、堯の即位から25年目)などを根拠に、檀君即位の年を西暦紀元前2333年とし、これを檀紀元年としている。(『桓檀古記』に含まれる「檀君世紀」をもとにしたという説は誤り)但し、『三国史記』には檀君という王がいたことは全く書かれておらず、檀君神話は朝鮮の古くからの独立を示すための創作説話だろうと推測されており、国家としての檀君朝鮮の実在性も認められない。堯の即位から25年目とは、の太祖朱元璋の即位年(1368年)と李氏朝鮮李成桂の即位(1392年)をなぞらえたものと考えられている。

西暦2021年は2333年足した檀紀4354年である。因みに月日に関しては日本の元号皇紀と同じように西暦と一致している。

外国メディアのなかには、檀君が紀元前2333年に即位したとされることを「史実」と認識している報道もあり、スペインメディアの『エル・ムンド』は、「建国時点である紀元前2333年から日清戦争の1895年までの4228年間にわたって中国の属国だった」「韓国は4228年間にわたって中国植民地だった」「韓半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していたが、1910年韓日合併までの15年間にわたって独立を味わったりもした」と報道したことがある[1][2]

大韓民国における使用編集

韓国では、独立後の1948年(檀紀4281年)9月25日に神話に基づいた檀紀使用に法的根拠を与え、公式な場で使用を開始した。しかし1961年(檀紀4294年)12月2日朴正煕が年号廃止の法令を制定、1962年1月1日からは公式な場での使用が禁止され、公文書では西暦が使用されるようになった。

それ以降檀君紀元は公式な場で使われることはないが、一部の新聞社は、日付欄の表記に西暦と併記する形式で表示を続けている。

一方、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)で、1948年9月9日の建国以来西暦を公用年号としており、1997年に独自の紀年法である主体暦が制定され、西暦と併用されているが、檀君紀元は用いられていない。

脚注編集

関連項目編集