メインメニューを開く

櫛笥隆致

日本の安土桃山時代の公家
 
櫛笥隆致
時代 戦国時代
生誕 弘治2年(1556年
死没 慶長18年7月6日1613年8月21日
官位 従四位上左近衛中将、贈左大臣
主君 正親町天皇後陽成天皇後水尾天皇
氏族 櫛笥家
父母 父:松陰居士、母:三条西実枝の娘
養父:四条隆憲
兄弟 隆憲櫛笥隆致
櫛笥隆朝宗朝隆子貝姫山内忠義
特記
事項
後西天皇の外祖父
テンプレートを表示

櫛笥 隆致(くしげ たかちか)は戦国時代公卿正親町三条公兄の孫。父は松陰居士従四位上左中将。娘隆子(逢春門院)は後西天皇の生母。贈左大臣

生涯編集

勅勘を蒙り出奔した当主隆昌のあと四条家の養子となった兄隆憲の養子となり、四条家に入った。しかし隆昌は、慶長6年(1601年)5月、徳川家康の奏請により、勅免出仕し四条家に戻った。このため子の隆朝は別家を立て櫛笥家と称した。慶長18年(1613年)7月6日、58歳で薨去。寛文7年7月28日(1667年)、左大臣を追贈された。

系譜編集

参考文献編集

  • 橋本政宣 編『公家事典』、吉川弘文館、2010年
  • 近藤敏喬 編『宮廷公家系図集覧』、東京堂出版、1994年
  • 久保貴子『後水尾天皇』、ミネルヴァ書房、2008年

出典編集