メインメニューを開く

櫻井 哲男(さくらい てつお、1948年9月21日 - )は、日本音楽学者阪南大学名誉教授。

経歴編集

茨城県日立市出身。東京芸術大学音楽学部楽理科卒、1973年同大学院修士課程修了。和歌山大学教育学部助手、国立民族学博物館助手、助教授、熊本大学文学部教授、総合研究大学院大学併任教授、阪南大学国際コミュニケーション学部教授、同国際観光学部教授を経て、2016年阪南大学名誉教授。

著作編集

単著編集

  • 『「ソリ」の研究 韓国農村における音と音楽の民族誌』弘文堂 1989
  • 『神々の音像』丸善 1992
  • 『アジア音楽の世界』世界思想社 1997

編著編集

  • 『民族音楽叢書 8 民族とリズム』(責任編集 東京書籍)1990
  • 『二〇世紀における諸民族文化の伝統と変容 二〇世紀の音』(ドメス出版)1995

共編著編集

  • 『韓国社会の文化人類学』(杉山晃一との共編、弘文堂)1990
  • 『音の今昔』(山口修との共編 弘文堂)1996
  • 『諸民族の音楽を学ぶ人のために』(水野信男との共編、世界思想社)2005

学会等編集

日本音楽学会全国委員、東洋音楽学会理事、同関西支部長、同副会長を歴任。

その他編集

2003年に聴力を失い、それ以後、公の場に姿を見せていない。

外部リンク編集