桜庭光康

櫻庭光康から転送)

桜庭光康(さくらば みつやす)は、戦国時代から安土桃山時代の武将。戦国大名南部氏の家臣。宇多源氏佐々木流。南部家譜代の武門として活躍した。子に桜庭直綱北信景などがいる。

概略編集

桜庭家は南部氏初代、南部光行の奥州下向以前からの譜代の家柄であり、三上、小笠原、福士氏と並んで南部四天王と称された[1]

南部安信の代、南部氏と対立ししばしば合戦を起こしていた閉伊郡の豪族を、知略を用いてこれを服属させるなど閉伊郡平定に大功があった[2]。そのため後世の桜庭家の家臣には閉伊地方出身の者が多かったという。

また永禄8年(1565年)、鹿角に派遣された光康は、侵攻してきた安東愛季を撃退し[3]元亀3年(1572年)、石川高信津軽平定にも従軍した[4]

晩年、閉伊郡を知行し、千徳城のあった千徳村を知行地とした[5]。周辺の長根寺、善勝寺に寺領地を寄付したという[6]。 光康が保護した寺である真言宗玉王山長根寺(岩手県宮古市長根)には、宮古市指定文化財となっている桜庭家累代の墓碑(桜庭氏廟所)が存在している[7]

脚注編集

  1. ^ 南部根元記
  2. ^ 参考諸家系図
  3. ^ 奥南落穂集
  4. ^ 祐清私記
  5. ^ 内史略
  6. ^ 長根寺物語 p71
  7. ^ ここの墓碑は盛岡にあるとされる桜庭家墓地の遥拝所の意味で墓石を同じに形どって建立して、供養を執行したと伝わる。

参考文献編集

岩手県編纂 『岩手県史』第三巻中世篇2 杜陵印刷、1961年
宮古市教育委員会編 『宮古市史』資料集(近世 一)
新山堅蔵・沢内勇三編 『長根寺物語』 長根寺発行 1968年